復縁は絶望的?恋人が別れを切り出す3つのタイミングとは?

別れを決意した恋人が別れを切り出すタイミングとは?

恋人の様子がおかしい・・・どうしようもなく不安になってしまうことってありますよね。
もしかすると、ただの思い過ごしからもしれないし、恋人の別れの意思は固いかもしれません。
恋人が別れを切り出すタイミングによっては、復縁すら絶望的ということも・・・。

恋人が別れを切り出す3つのタイミング

音信不通の状態にしてから別れを切り出す

別れを切り出すタイミングで大切なのは、相手にそれとなく別れる覚悟をさせてから切り出すという事です。
突拍子もなく、いきなり別れを切り出せば相手は混乱して、感情的にしがみついたり、説き伏せようとするでしょう。
相手に別れを覚悟させる方法として、一度音信不通にする作戦は効果的です。
ですが、恋人もいきなり音信不通にしたりはしません。
電話やメールなどで、暗い真剣な感じで「少し一人になって考えたいから連絡を控えて欲しい。自分勝手で本当に申し訳ないけど、気持ちが整理できたら連絡します」こんな連絡が来てしまったら、覚悟を決めたほうがいいかもしれません。
このメールを送る前からそれとなく冷たい素振りや悩んでいる素振りがあれば、ほぼ間違いなく恋人は別れを切り出すタイミングをはかっています。
連絡を拒否する期間を設ける事で、心の準備をさせようとしているのです。

喧嘩の延長線上で別れを切り出す

別れ話をこじれさせないためには、お互いに付き合いを継続していく気力や気持ちを失わせると良いでしょう。
楽しい思い出や二人の大切な時間が記憶に残っている状態で別れを切り出してしまうから、トラブルになったり、情にほだされて復縁してしまうといった事態になるのです。
重要なのは、恋人が別れたいがために、わざと「付き合っていくのがしんどい」と思わせようとしている事です。
そんな時の常套手段が、喧嘩作戦です。
恋人のちょっとした言動などに難癖をつけたり、相手の嫌がる事をわざとして、喧嘩をする機会を多くするのです。
顔を合わせれば喧嘩になるといった状況をベストと考えているでしょう。
そういう状況を作った後に、喧嘩の延長線上で「もう続けていく事は出来ない」と別れを切り出そうとしているのです。
最近、妙に恋人が突っかかってくると思ったら、要注意です。

予告してから切り出す

小細工なしで「予告」をしてくる恋人もいます。
デートなどで会う約束をしていたら、会った時に、まず「今日は話したい事がある」と予告するのです。
そうすれば、デートのどのタイミングであっても別れを切り出す事が出来るようにしておく狙いです。
予告した後に、恋人から「今言って」と言われたなら、その場で別れを切り出すでしょう。
デートの途中で「話って何?」と聞かれれば、「ちょっと場所を移動しよう」と言って、話しやすい場所で切り出してくるはずです。
恋人が予告について触れてこなさそうであれば、デートで盛り上がってしまう前に恋人の家の近くや車の中などで話を切り出すでしょう。
恋人の家の近くで話をする事で、別れのショックで逆上したりしないように配慮しているのは、恋人が最後に見せる優しさなのかもしれません。


いかがでしたか?

すがられたりしたくない恋人は、こんな風に別れを切り出すタイミングをはかっています。
恋人からのサインに気づいたからといって必要以上にあたふたしてはいけません。
相手も相当の覚悟を持って別れを切り出してくるはずですから、無理に引き止めることが返って逆効果になることもあります。
恋人を永遠に失いたくないのなら、まずは、相手の話をよく聴いてみることから始めましょう。

どうしても叶えたい復縁がある方はコチラ

こちらもオススメ

どうしても別れさせたいカップルがいる方はコチラ

劇的に恋愛運をアップさせたい方はコチラ

この復縁は叶いそう?1分でわかる確率診断はコチラ

【ゲッターズ飯田】運の鍛え方を教えます

【復縁マニュアル】7つのステップでもう一度好きにさせる方法

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です