別れて1ヶ月の間に絶対にしなければならない4つの復縁活動

別れて1ヶ月の間にするべき事とは・・・

「別れて1ヶ月」は復縁を成功させるために最も重要な時期です。
この期間にするべき事をきちんとした人にしか、復縁は訪れません。
今回は、別れて1ヶ月の間に絶対にしなければならない事についてお伝えします。

別れて1ヶ月の間にやるべき復縁活動

他人目線の自分を知る

自分が思う自分像と、他人から見た時の自分像が完全に一致している事はあまりありません。
自分なりに優しく接した言動であっても、相手からすれば冷たい言動になる時だってあるのです。
恋人に別れを告げられた方の中には、どうして別れに繋がったのかまるで見当がつかないという方も大勢います。
それは、他人目線の自分を把握出来ていないからなのです。
元恋人と復縁をしたいのなら、相手の目に自分がどう映っていたのかを正確に把握し、自分の中の本質的な問題点に気付かなければならないのです。

相手が求める恋人像を把握する

人にはそれぞれ恋人に求めているものがあります。
それは、癒しであったり、ライバルのような関係であったり、十人十色です。
あなたは、相手が求めていた恋人像をきちんと把握していますか?
恋人が自分に何を求めていたのかを、明確に知っておかなければ、再び相手の恋愛対象にのぼりあがる事は出来ません。
また、人には必ず、「これだけは絶対譲れない」というラインが存在します。
そのラインを越えなければ、恋人候補としてはみてもらえません。
1ヶ月以内で元恋人の絶対に譲れないラインの把握は必ずしておきましょう。

社交性を身につける

復縁したいからといって自分と相手との関係だけにしがみついていると人間としての魅力がなくなります。
復縁をしたいのなら、別れて1ヶ月の間に社交性を身につけて、どんどん自分の世界を広げてください。
狭い視野だと物事の本質が見えなくなってしまいます。
たくさんの人と接して、様々な価値観に触れる事で、人としての余裕が生まれ、人間の幅が広がります。
今まで価値観の押し付け合いしか出来なかったのが、相手の価値観を受け入れられる自分になれるのです。
自分の中の許容範囲を広げる事は復縁には非常に重要なんですよ。

相手に対する理解度を上げる

あなたは恋人の仕事や趣味に興味を持った事はありますか?
傍目で見ているだけで、どういう仕事なのか、その趣味の面白さはどこにあるのか、理解しようと努力しましたか?
人は自分の中にある知識だけで、相手の事を決め付けようとする傾向があります。
しかし、自分の型にはめた考え方をしていると、無意識の内に相手の事も自分の型にはめようとしてしまうのです。
復縁するには、相手の立場に立って物事を考える癖をつけなければなりません。
そのためには、相手の仕事や趣味、取り巻く環境について知識を身につけなければならないのです。
新しい知識は考えに影響を及ぼし、言葉を変え、行動を変えていきます。
その変化が必要なのです。


いかがでしたか?

別れて1ヶ月の間に絶対にしなければならないのは、自分と相手を本当の意味で知る事です。
この時期に、自分と相手を把握して、そのための対策を考える事が出来なければ、復縁へのタイムリミットが過ぎてしまうでしょう。

どうしても叶えたい復縁がある方はコチラ

こちらもオススメ

どうしても別れさせたいカップルがいる方はコチラ

劇的に恋愛運をアップさせたい方はコチラ

この復縁は叶いそう?1分でわかる確率診断はコチラ

【ゲッターズ飯田】運の鍛え方を教えます

【復縁マニュアル】7つのステップでもう一度好きにさせる方法

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です