他好きされて別れる相手と復縁するために張っておくべき4つの伏線

他好きされて別れたけど復縁したい・・・

恋人から他好きされる事はとても辛い事です。
しかし、それ以上に相手を失う事が辛くて、復縁を考えている人もいるでしょう。
今回は「他好きされたけれど、いつかは復縁したい」という相手と別れる時に張っておくべき伏線についてお伝えします。

他好きされて別れる相手と復縁する

辛い事や傷付いた事を伝える

通常の復縁だと去り際に相手を責める事はタブーです。
しかし、相手が他好きした場合は、少しだけ相手を懲らしめる必要があります。
他好きされて辛い事や傷付いた事を静かに伝えましょう。
しつこくしたり、相手を罵ってはいけませんよ。
罵ったり、責め立てたりすると相手は「責め立てられる事で罪を償った」と思ってしまいます。
かといって何も言わないと、罪の意識を全く感じないようになります。
辛い感情を伝える事で最大限に相手の罪悪感を煽る事が出来るのです。

相手の気持ちを汲む

自分の辛い感情を伝えたら、次は相手の気持ちに理解を示しましょう。
いくらここであなたが駄々をこねても、事態は変わりませんし、相手が新しい異性と付き合う事実を変える事は出来ないでしょう。
それならば、「好きになっちゃったものは仕方がないしね」と相手の気持ちを汲んであげましょう。
そうすると相手は「こんなにも理解のある恋人を失った」というようにあなたに対して良いイメージを持ったまま別れる事になるのです。

好きになった相手の事を聞いておく

復縁したいなら、このステップが非常に大切になります。
敵を倒すには、敵を知る必要があります。
話し合いを温和な方向に持っていった後、「どんな人なの?私と正反対な人?」というように好きになった相手の情報を聞き出しましょう。
ガツガツ聞くのではなく、あくまでも「今後の参考として聞かせて」という態度で聞くようにしましょう。
そうすると、もし新しい恋人と何かあった時、あなたに相談してくるように仕向けられるのです。

逆ギレされた場合はサバサバと接する

中には、自分が他好きしたのに「他好きしたのは、あなたのせいよ。私は何も悪くない」と逆ギレし出す方もいます。
そんな時に、辛い気持ちや傷付いた事を伝えると逆効果になってしまいます。
相手が開き直って逆ギレした時は、「そっか。分かった」とサバサバした対応で去りましょう。
その方が、後々に罪悪感を感じやすいのです。


いかがでしたか?

他好きされた場合は、「悪い事をした。傷付けた」という事を自覚させる必要があります。
そのためには、冷静に自分の素直な気持ちを伝えたり、臨機応変にサバサバした対応を取ったりと、相手の行動を読んで伏線を張っておきましょう。

どうしても叶えたい復縁がある方はコチラ

こちらもオススメ

どうしても別れさせたいカップルがいる方はコチラ

劇的に恋愛運をアップさせたい方はコチラ

この復縁は叶いそう?1分でわかる確率診断はコチラ

【ゲッターズ飯田】運の鍛え方を教えます

【復縁マニュアル】7つのステップでもう一度好きにさせる方法

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です