お互い好きなのに別れた元恋人との4つの復縁ステップ

好きなのに別れてしまった元恋人と復縁するには?

お互いに気持ちがあるのに、別れを選択せざるを得ない時も出てきます。別れたけれど諦め切れず復縁を考える事もあるでしょう。それでは、好きなのに別れた場合、どのような手順で復縁すればいいのでしょうか。

お互い好きなのに別れた時の復縁への4つの手順

ほんとに「好きなのに」だったのか見極める

好きだけどお互いのために別れを選択するという結論を出した時、果たして相手も同じ事を考えているのでしょうか?
「好きなのに別れた」と思っているのはあなただけなのかもしれませんよ。
本質的な別れの原因は別にあって、相手は綺麗に別れるために問題をすり替えて美しい別れを演出したのかもしれません。
元恋人と復縁したいなら、あなたの思っている理由が相手の思っている理由と一致しているのかどうか見極めましょう。

「好きなのに」を一回捨てる

相手の気持ちや別れの理由を見極めてそれでもなお「好きなのに別れた」とあなたが結論づけたなら、次にする事は、その「好きなのに」を捨てる事です。
「好きなのに」と言われると現在進行形で気持ちが続いていると錯覚してしまいますよね。
しかし、実際は、その好きは過去のものなのです。
別れた時点で、「好き」を捨てたという事なのです。
今でも相手は自分の事を思っているという考えは捨てましょう。

別れた現実を受け止める

好きなのに別れた場合、お互いに嫌悪感がないため、そのまま連絡を取り合う事がよくあります。
そうなると、「別れた」という事が夢のように感じてしまうのです。
別れた今でも相手は同じように接してくれるので、ついつい別れたという現実を見落としてしまいます。
しかし、復縁するならそんな中途半端な関係は百害あって一利なしです。
辛いですが、あなた自身が相手との間にきちんと線引きをしましょう。

愛が障害に負けた事を認める

好きなのに別れた場合、「好きなのに」という部分を強調して考えてしまいます。
しかし、実際には二人の愛は何らかの障害に負けたのです。
いくら好きな気持ちがあったとしてもそれを何としてでも乗り越えようとするだけの愛情がなかったのです。
まずは、その現実を認めましょう。
そして、その障害がある以上、二人の愛は先には進めない事を理解してください。
今、あなたがしなければならないのは、「相手もまだ好きかな」と悩む事ではなく、一刻も早く別れの原因を取り除く事なのです。


いかがでしたか?

好きなのに別れを選択したカップルの復縁を難しくさせているのは、「好きなのに」に囚われすぎている事と、別れの原因を取り除く事が難しい事の2点です。
本気で相手と復縁したいなら、過去の好きにこだわらずに、別れた今を受け止めましょう。

どうしても叶えたい復縁がある方はコチラ

こちらもオススメ

どうしても別れさせたいカップルがいる方はコチラ

劇的に恋愛運をアップさせたい方はコチラ

この復縁は叶いそう?1分でわかる確率診断はコチラ

【ゲッターズ飯田】運の鍛え方を教えます

【復縁マニュアル】7つのステップでもう一度好きにさせる方法

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です