恋人と別れてから後悔しないためにやっておくべき4つの事

別れてから後悔しないために出来る事とは?

恋人から別れを告げられた時、あなたはどんな対応をしますか?
別れを受け入れた後で、自分の対応を後悔してしまう方も多いでしょう。
「どうしてあんな事したんだろ」と後悔しないためにはどう行動すればいいのでしょうか。

別れてから後悔しないためにできるコト

本音を飲み込まない

別れを告げられた時、言いたい事や聞きたい事があるのに「こんな事を言ってももう遅いだろ」「仕方ない」と諦めて言葉を飲み込んでしまっていませんか?
本音を飲み込んでしまうと「もしあの時言っていたら何か変わっていたのかもしれない」と後悔したり、気持ちが宙ぶらりんになってしまってなかなか失恋から立ち直れなくなります。
言った後悔よりも言わなかった後悔の方が辛いんですよ。
諦める事はいつでも出来ます。
自分の気持ちに対しても誠意を持ってあげましょう。

相手を追い詰めない

別れを告げてくる相手を責めたくなる気持ちはよくわかります。
しかし、納得出来ないからといって相手を追い詰めてはいけません。
責任を追求したり、今までの行いについて非難を浴びせると、お互いに心ない言葉で傷付け合い、後味の悪い終わりになってしまいます。
最終的に別れを受け入れるのなら、不必要な言葉で傷つけ合わないようにしましょう。

守りに入らない

別れを切り出された時、すぐに保身に入ってしまう方が多くいます。
自分が傷つかないためにあえて平気なフリをして「私ももう別れようと思ってた」と強がってしまうのです。
自分のプライドを守るために自ら進んで別れを受け入れてしまうと、その先に残されていた希望を自分自身の手で握り潰してしまいます。
自分のちっぽけなプライドのせいで恋人の心を完全に失ってしまわないようにしましょう。

相手の決意を甘く見ない

あなたは心のどこかで恋人の事を見下していませんか?
あるいは、恋人の愛情がなくなるはずがないと思い込んでいませんか?
人の心は刻々と変化していきます。
永遠を約束する事など出来ないのです。
相手から別れを告げられた時、「本気で別れを告げるはずはない」とたかをくくってぞんざいな扱いをしたり、また戻ってくると思って軽く承諾してしまうと痛い目に合いますよ。
別れを告げてきた相手の決意を甘く見すぎて後悔しないようにしましょう。。


いかがでしたか?

人は辛い現実を突きつけられると、その現実から逃げたいという心理が働きます。
ですが、逃げて別れを受け入れた結果、後悔しては何にもなりませんよね。
自分が納得してさよならが出来るようにしっかりと相手と自分の気持ちに向き合いましょう。

どうしても叶えたい復縁がある方はコチラ

こちらもオススメ

どうしても別れさせたいカップルがいる方はコチラ

劇的に恋愛運をアップさせたい方はコチラ

この復縁は叶いそう?1分でわかる確率診断はコチラ

【ゲッターズ飯田】運の鍛え方を教えます

【復縁マニュアル】7つのステップでもう一度好きにさせる方法

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です