おまじないでライバルを別れさせる時の4つの注意事項

おまじないで別れさせる時に注意する点とは・・・

元恋人との復縁を叶えるためには現在の恋人と別れさせる必要があります。
そんな時に便利なのがおまじないでよね。
しかし、注意点をしっかり守らないと呪いが自分に降りかかってしまう危険性もあるんです。

おまじないで別れさせる時の4つの注意事項

おまじないの後処理を忘れない

別れさせるおまじないには、別れさせたいカップルにおまじないをかけている期間と、効果が出てくる待機期間、効果が出た後の後処理の3つのステップで成り立っている物がほとんどです。
おまじないをかけている時と、待機期間は術者本人も緊張状態にあるので、慎重に行動をします。
しかし、いざ目的が果たされたら、張り詰めていた糸が途切れたり、喜びに浸ってしまい、大切な後処理を忘れてしまう事がしばしばあります。
おまじないの後処理は非常に大切で、後処理を感謝の念を持ってきちんと行わなければ、同じ災いが自分にも降りかかってしまいます。
おまじないを行う際は、最後の最後まで気を抜かずに行いましょう。

呪いが返ってくる場合もある

相手を呪うためのおまじないがあれば、それから身を守るためのおまじないもあります。
呪いをかけた事が相手にばれてしまうと呪い返しをされてしまう危険性があるのです。
また、非常に強いパワーの持ち主が相手ですと、かけた呪いが相手には効かずに跳ね返ってきてしまうケースもあります。
ですので、強力なおまじないをする場合は、絶対に相手にばれてはいけません。
呪い返しされてしまうリスクも頭に入れておきましょう。

自分の厄除けをしておく

カップルを別れさせる呪いは相手に不幸をもたらす負の呪いです。
負の呪いはそれだけの強力なパワーを持っています。
そのパワーであなた自身にも災いが振りかかる危険性もあるのです。
ですので、おまじないをする時は、しっかりと自分の厄除けをしてから行うようにしましょう。
厄除けを行っておけば、目的の二人を別れさせるだけではなく、自分の復縁の可能性をアップさせる事も出来るのです。

呪文は暗記する

おまじないの中には呪文が必要になる物もあります。
呪文は出来るだけ本番までに暗記しておくようにしましょう。
紙を読みながら呪文を唱えると、その分集中力が落ちます。
注意力も散漫になってしまうため、おまじないの手順を失敗したり、強い念を込められずに、おまじないのパワーが半減してしまう危険性があるのです。
強力なおまじないで間違えてしまうとあなたにも呪いのパワーがかかってしまう事もあるので、本番前にしっかりとイメージトレーニングしておきましょう。


いかがでしたか?

別れさせるおまじないは強力なパワーを持っている物がほとんどです。
だからこそ効果が出るのですが、その分リスクも大きくなると思っておきましょう。
おまじないを成功させ、呪い返しなどが起こらないようにしっかりと万全の状態で行ってください。

どうしても叶えたい復縁がある方はコチラ

こちらもオススメ

どうしても別れさせたいカップルがいる方はコチラ

劇的に恋愛運をアップさせたい方はコチラ

この復縁は叶いそう?1分でわかる確率診断はコチラ

【ゲッターズ飯田】運の鍛え方を教えます

【復縁マニュアル】7つのステップでもう一度好きにさせる方法

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です