復縁の伏線・・・相手の心を揺さぶる別れのメールの作り方

復縁に効果的な別れのメールの作り方とは

別れ際の印象が復縁の難易度を左右します。
別れのメールでどれだけ相手の心を揺さぶれるのかがポイントです。
今回は相手の心を揺さぶって復縁の可能性を高める別れのメールの作り方を伝授します。

心を揺さぶる別れのメール

好きな気持ちを見せる

復縁をするにはきれいな去り際が大切だとよく耳にしますよね。
だからといって別れを告げられた時に「そっか、分かった。今までありがとう」と何の濁りもなく終わらせてしまうのは逆効果です。
「何だよ。ほんとは好きじゃなかったんじゃないの」と相手の不信感を煽ってしまいます。
大切なのは、好きな気持ちを見せて「こんなにも思ってくれていたんだ」と相手が物惜しくなるようにさせる事です。
別れのメールを作る時は、相手の事をどれだけ大切に思っていたか、それが出来なかった自分が物凄く悔しいといった内容を入れましょう。

謝罪の言葉は2行まで

何か大きな過ちを犯してしまい、相手を傷つけた場合は別れのメールに謝罪を入れる事が大切です。
だからといって、長々と謝罪の文章を書くのはよくありません。
長文で謝罪された時、あなたはどうような気持ちになりますか?
誠実さを感じるよりも、心が重苦しくなり、読む気持ちが失せてしまいますよね。
また、「今更謝られてもしょうがない」と思い、あまり心を揺さぶられないのです。
謝る事も大切ですが、別れのメールでは謝罪は書いても2行ほどで留めておきましょう。

感謝の気持ちこそ丁寧に

謝罪文は相手の心をあまり揺さぶりませんが、感謝の文はここぞとばかりに相手を揺さぶります。
別れのメールを書く際は、感謝の気持ちを重点的に書くようにしましょう。
「どういう事をしてくれてどれだけ嬉しかったか」「好きになってくれた事自体への感謝」「一緒に過ごせた日々がいかに幸せだったか」相手が二人の楽しい思い出を呼び起こして、切なくなってしまうような文章を作りましょう。
そうすると相手にはあなたとの良いイメージが強く残り、別れた後に未練を感じやすくなるのです。

もう会えないと思わせる

別れのメールは最後の締めが肝心です。
ここで未練たらたらで終わってしまうと読み終えた元恋人の心境は非常に重たくなってしまうでしょう。
また、友達としてこれからも会えるといった感じで締めくくってしまうと、あなたと別れた事に対する罪悪感や喪失感を感じなくなってしまいます。
大切なのは、「もう会えないかもしれない」という焦りにも似た喪失感で相手の心をいっぱいにする事なのです。
「今まで本当にありがとう。もう会えないのは寂しいけど・・・幸せになってね。バイバイ」というように別れの余韻を残しつつ、きっちり決別を告げましょう。


いかがでしたか?

別れのメールは最後まできちんと読んでもらわないと意味がありません。
また、相手の心を揺さぶらなければ復縁にはプラスになりません。
長すぎず短すぎないメールを作るように心掛けましょう。

どうしても叶えたい復縁がある方はコチラ

こちらもオススメ

どうしても別れさせたいカップルがいる方はコチラ

劇的に恋愛運をアップさせたい方はコチラ

この復縁は叶いそう?1分でわかる確率診断はコチラ

【ゲッターズ飯田】運の鍛え方を教えます

【復縁マニュアル】7つのステップでもう一度好きにさせる方法

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です