本当の別れの理由を聞き出すための4つのポイント

その別れの理由は本物ですか?

復縁を望むなら、別れに至った理由を知って改善する必要があります。
しかし、恋人が別れ際に告げる別れの理由は嘘である事が多いのです。
それでは、どのようにすれば相手は本当の理由を教えてくれるのでしょうか?

別れの理由を聞き出すための4つのポイント

反論しない

話し合いをしているとどうしても自分と意見が異なった時、相手の意見に反論したくなりますよね。
しかし、反論された相手は自分自身を否定されたと感じ、自分の殻に閉じこもってしまいます。
また、最後まで自分の意見に反論する恋人に対して、「これ以上何を言っても結局は理解してくれないだろう」と思い、当たり障りのない言葉で早く済まそうとするのです。
相手に本音を話して欲しいのなら、どんなに理不尽な事でも反論はせずに、元恋人の気持ちを全て受け止める姿勢を見せましょう。

話に割り込まない

相手が話したり、考えたりしている時に、割り込んで話し出してしまう方をよく目にします。
これではせっかく話す気になっていても、話したくなくなってしまうのです。
「今、大切な事を言おうとしたのに」「考えている最中なのに」ともやもやしてしまい、次第に感情的になり、最終的には「もういい!」と匙を投げてしまうのです。
別れの局面で自分の考えをまとめるのには時間がかかる時もあります。
急かしてしまうと、相手は考える事を放棄してしまうので注意しましょう。

嘘を指摘しない

明らかに相手の言っている別れの理由が嘘だと分かっても、嘘を直接指摘してはいけません。
人は図星を刺されたり、嘘を指摘されるとさらに自分を取り繕ってしまう傾向があります。
嘘に嘘を重ねてしまう危険性があるので、嘘だと分かっても指摘せずにそのまま話し合いを続けていきましょう。

小さな質問で誘導する

明らかに嘘を話している時やなかなか本音を見せてくれない時は、小さな質問をしていって元恋人を誘導しましょう。
「いつからそれが気になったの?」「何か小さな事でも嫌だった事はない?」「私は○○だと思ってだんだけど、あなたはどう考えてたの?」「この際だから他にも辛かった事教えてほしいな」というように質問を重ねていくのです。
この際に注意しなければならないのは、誘導尋問のようにしてはいけないという事です。
相手を追い詰めてしまうと殻に閉じこもってしまいます。
相手が話しやすいように気持ちに同調しながら、話を引き出していきましょう。


いかがでしたか?

元恋人はあなたに見切りをつけたり、責められて自分の殻に閉じこもってしまうとそれらしい別れの理由で取り繕ってしまいます。
相手が話しやすい空気を作って、自分からどんどん話したくなるように気持ちを誘導していくと本音を聞き出す事ができるでしょう。

どうしても叶えたい復縁がある方はコチラ

こちらもオススメ

どうしても別れさせたいカップルがいる方はコチラ

劇的に恋愛運をアップさせたい方はコチラ

この復縁は叶いそう?1分でわかる確率診断はコチラ

【ゲッターズ飯田】運の鍛え方を教えます

【復縁マニュアル】7つのステップでもう一度好きにさせる方法

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です