別れ話で「別れたくない」とすがると訪れる4つの復縁への危機

別れ話で「別れたくない」とすがる危険性とは

恋人から別れ話をされると「別れたくない!」とすがってしまいますよね。
しかしこの行動が復縁をより一層難しくさせるのです。
すがって嫌われるよりも、グッと堪えて復縁のチャンスを物にした方が断然良いですよね。

別れ話で別れたくないとすがる危険性

嘘をつかれる

別れ話の際に、感情的になってしまうと相手はあなたを納得させるための嘘をつくようになります。
別れたくないからといって恋人の心情に配慮しない言動をしていると、恋人は別れの本当の理由をあなたに告げてくれなくなるのです。
嘘の理由に対して「そこを直すから」と言われても何も改善しませんし、心に響きませんよね。
復縁で大切なのは、本当の別れの原因を知る事です。
自らそれを知るチャンスを不意にしないように気をつけましょう。

冷たい態度をとる

あなたが別れる事に対して駄々をこねればこねるほど、恋人は冷たい態度になっていくでしょう。
別れたくないというスタンスを取り続けていると「どうすれば別れてくれるか」を考えるようになり、恋人の思考は別れ一直線になっていきます。
また、別れるためにわざと冷たい態度をとっていると、いつしかその冷たい感情は本心に変わってしまうのです。

別れの決定打になる

もしかすると恋人は別れ話の段階では、「本当に別れてもいいのか」と悩んでいたかもしれません。
別れ話を切り出した時のあなたの反応を見て、今後どうするか決めようとしている可能性もあるのです。
そんな気持ちなど露知らずに、ただただ感情的に責め立てて「別れたくない」とすがってくるあなたを見て、別れを決心してしまうのです。
こんな状態なら改善する余地はないなと烙印をおされてしまうのです。

論破する事にムキになる

どうすれば相手を納得させられるかという考えが先行して、恋人はあなたの事を論破し始めます。
「ここまで言えば折れるだろう」「まだ言いたりないのか」というようにあなたを言い負かす事にムキになり始めるのです。
お互いに感情がヒートアップしてしまうため、心にもない事でどんどん傷付け合うようになり、取り返しのつかない言葉まで投げつけてしまいます。
最後にこのように修羅場となってしまうと恋人は二度とあなたに会いたくないと思ってしまうでしょう。


いかがでしたか?

別れ際のあなたの対応次第で復縁の可能性は限りなくゼロに近づいてしまうのです。
「別れたくない」という気持ちを押し付けるのではなく、恋人が何を思い別れ話に至ったのか、相手の心情に寄り添って話をする事が大切なのではないでしょうか。

どうしても叶えたい復縁がある方はコチラ

こちらもオススメ

どうしても別れさせたいカップルがいる方はコチラ

劇的に恋愛運をアップさせたい方はコチラ

この復縁は叶いそう?1分でわかる確率診断はコチラ

【ゲッターズ飯田】運の鍛え方を教えます

【復縁マニュアル】7つのステップでもう一度好きにさせる方法

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です