彼氏が別れたくないのに別れを選ぶ3つのパターンとその対処法

彼氏が別れたくないのに別れたくなる時とは

男性は複数の事を同時に処理できません。
そのため、ある状況になると別れたくはないけど別れを選んでしまう事があるのです。
彼氏が別れを選ぶ状況とは何なのでしょうか?そんな彼氏と復縁するポイントをお伝えします。

彼氏が別れたくないのに別れを選ぶ

1.仕事に取り組みたい

男性が恋人に望んでいる事といえば「仕事に対しての理解」です。
男性は一極集中型で、複数の事を同時にできません。
仕事に取り組みたい時は誰にも邪魔されたくないと思うのです。
また、恋人が大切だからこそ仕事を頑張っている一面もあります。
それを理解できずに、彼氏が仕事をしていたい時にまで入り込んでしまうと、次第に彼はあなたの存在を重く感じてしまうのです。
仕事を理由に別れ話をされたのならば、彼氏はあなたの仕事への理解不足に悩んでいたからかもしれません。
別れは保留にして、当分の間彼が仕事に打ち込めるようにそっと見守るようにすると良いでしょう。

2.一人で考える時間が欲しい

彼氏の悩みを聞きだそうと躍起になっていませんか?
男性には一人で考える時間が必要な時があります。
女性は悩みを共有して二人で解決しようとしますが、男性は「まずは一人でどうにかしたい」という気持ちがあるのです。
仕事に対して男性は自分なりのプライドを持っており、誰も入れたくない聖域を無意識の内に作っています。
そこに無理矢理入ろうとされるとその存在が疎ましく感じるのです。
彼氏が悩んでいる時はすぐ手を差し伸べられる準備をしつつも、一人で考えられる空間作りをしてあげると良いでしょう。
「悩んでいる事があるのなら私の事も頼ってね」と気遣いながら、彼から話をしてくるまで待機していましょう。

3.仕事とプライベートを割り切れない

女性は仕事は仕事、プライベートはプライベートと割り切って生活している側面がありますよね。
しかし、男性は仕事の延長線上に日々の生活があるのです。
プライベートな時間であっても仕事を切り離す事が出来ないのです。
ですので、プライベートだからといってその時間を全て彼女に使う事は難しいのです。
そこを理解せずに、プライベートの時間をずっと一緒に過ごそうとすると男性は息苦しさを感じてしまいます。
一緒にいてても彼が考え事をしているなと感じたら、そっとしておくようにしましょう。
彼氏が仕事とプライベートを余裕を持って行き来できるように、ぎちぎちなデートプランを作りすぎないようにすると良いでしょう。


いかがでしたでしょうか?

複数の事を同時にこなしたり悩みを共有したりする柔軟さや器用さを男性はほとんど持ち合わせていません。
彼氏が別れ話を切り出したのは、あなたが彼を追い詰めてしまった可能性があるのです。
彼氏と上手に付き合っていくためにも、男性が余裕を持って仕事ができるような関係作りをしていくと良いでしょう。

どうしても叶えたい復縁がある方はコチラ

こちらもオススメ

どうしても別れさせたいカップルがいる方はコチラ

劇的に恋愛運をアップさせたい方はコチラ

この復縁は叶いそう?1分でわかる確率診断はコチラ

【ゲッターズ飯田】運の鍛え方を教えます

【復縁マニュアル】7つのステップでもう一度好きにさせる方法

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です