恋人と別れたくないならプチ喧嘩をするべき5つの理由

彼に別れたくない事を上手に伝えるには?

大好きな恋人とは別れずにいつまでも仲良しでいたいですよね。
だからといって喧嘩をしないのは非常にまずいんですよ。
恋人と別れたくなければちょこちょこプチ喧嘩をしていく方が関係を長持ちさせられるのです。

恋人と別れたくないならプチ喧嘩をする

不満を小出しに出来る

恋人といっても元は全くの他人です。
苛立つ事や不満に思う事も出てくるでしょう。
それを「怒るほどのものでもない」と放置していると自分でも知らず知らずの内に大きなストレスになっていくのです。
ストレスが一気に爆発すると関係修復が困難なほどの大喧嘩に発展してしまいます。
プチ喧嘩でその都度、不満を相手に伝えるとこのような大喧嘩に発展する事にはならないのです。

喧嘩の仕方を学べる

喧嘩にも方法があります。
別れに繋がる喧嘩や仲直りするための喧嘩など方法によってその後の結末が変わってきます。
プチ喧嘩をするメリットは「これを言ったら相手は激怒してしまう」「これ以上言えば別れる事になる」というように相手に言ってはいけない言葉や地雷のありかが学べるのです。
普段全く喧嘩をしていないと、珍しく起こった些細な口論が別れに繋がる喧嘩になってしまうのです。
それは普段喧嘩していないがために、仲直りをするための喧嘩の仕方が分からないからなのです。

相手の本音を知れる

「こんな事言うと嫌われるかな」と判断して、恋人に本音を伝えなかったという経験は誰にでもあるのではないでしょうか。
なかなか本音を伝える事って勇気も要りますし、簡単に出来る事ではないですよね。
プチ喧嘩はお互いの本音を思う存分言い合える数少ないチャンスとも言えます。
相手の本音を知れるからより強い絆を結べるのです。

価値観をすり合わせられる

兄弟や家族であっても全く同じ価値観の人間なんていません。
恋人と付き合っていくためには価値観をすり合わせてお互いに歩み寄っていく事が必要になってきます。
喧嘩もせず遠慮し合っている仲だと価値観を無理矢理合わせる事は出来ても、価値観のすり合わせはできないのです。
どちらか一方が我慢している状態はいつか我慢の限界に達した時、破局を迎えてしまいます。
プチ喧嘩をしてお互いに譲れる所と譲れない所を分かち合っていくと歪みは生じないのです。

ステップアップしていける

喧嘩をしない関係は穏やかで安定していますが、それ以上前には進んでいきません。
喧嘩をして、本音をぶつけ合い、お互いに歩み寄っていく事を繰り返す事で成長し、恋人としても関係をステップアップさせていけるのです。
揺るぎない信頼関係を築くには時にはぶつかり合う事も必要なのです。


いかがでしたか?

喧嘩をするのってエネルギーも使いますし、しんどいですよね。
だけど、エネルギーを使うからこそ見えてくる物、手に入れられる物があるのです。
恋人といつまでも別れたくないのなら、喧嘩をすることも大切なのです。

どうしても叶えたい復縁がある方はコチラ

こちらもオススメ

どうしても別れさせたいカップルがいる方はコチラ

劇的に恋愛運をアップさせたい方はコチラ

この復縁は叶いそう?1分でわかる確率診断はコチラ

【ゲッターズ飯田】運の鍛え方を教えます

【復縁マニュアル】7つのステップでもう一度好きにさせる方法

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です