彼に別れたくない意思を伝える時の5つのポイント

彼に別れたくない事を上手に伝えるには?

「別れ話をされたけれど別れたくない・・・」
しがみつくと彼の心は離れてしまいますが、別れてしまう前に思い留まってほしいですよね。
今回は彼に別れたくない意思を上手に伝えて復縁するためのポイントをお伝えします。

彼に別れたくない意思を伝える時の5つのポイント

現実的な話をする

別れたくないからといって「これからわがまま言わないから」「嫌な所全部直すから」と提案しても相手は納得しません。
それは、現実からは遠く離れた理想論や感情論でだけ話をしているからです。
自分の性格を今すぐに変える事なんて出来ません。
一時的に変わっても、我慢の限界に達して後々に爆発してしまう事は目に見えています。
大切なのは、現実的な話をする事です。
「すぐには変わらないかもしれないけれど、努力して必ず直すから。もう少しだけ時間とチャンスをください」と言われると「冷静に考えてくれているんだな」とあなたの本気が伝わるのです。

猶予期間をもらう

彼が今すぐに離れたい意思が強い場合は、猶予期間がもらえないか交渉してみましょう。
距離を置いて自分の悪い点を改善するための期間をもらうのです。
連絡や会うのを極力控える変わりに数週間後に会う約束をしてその時まで別れを保留してもらうのです。
こういった提案ならよっぽど深刻な状態でない限りチャンスをもらえる可能性は高いのです。

泣かない

男性は女性の涙に弱いですよね。
だからといって泣き落とそうとするのは厳禁です。
この後にも及んでそんな姑息な手を使おうとするあなたに見切りをつけるでしょう。
ほんとに悲しくて涙が出そうでも必死でこらえましょう。
泣いている女性に彼は冷静な判断ができるとは思えません。
グッと涙をこらえつつも冷静に話し合おうとする姿にあなたの思いの強さを感じるでしょう。

相手の非を責めない

喧嘩両成敗と言いますが、別れを宣告されている状態では相手の非を指摘してはいけません。
あなたが別れに繋がる行動を取ってしまったのは確かに彼のせいでもあるでしょう。
しかし、別れ話でその事を言うと相手は「結局自分の非を認めたくないんだ」「俺のせいにしたいだけ」と感じてしまうでしょう。
大切なのは事実を話す事ではありません。
相手が納得できる話をする事が必要なのです。

後悔と反省を伝える

謝罪をする事はとても大切です。
しかし、謝罪だけだと「ただ謝っているだけ」という印象が残ってしまいます。
謝れば良いという訳ではないのです。
大切なのは、その事を真摯に受け取って「彼を傷つけてしまった」という自分の言動に対する後悔と反省を見せる事なのです。
本当に反省している姿が見えれば、彼も「もう一度チャンスをあげてもいいかな」と思ってくれるでしょう。


いかがでしたか?

彼と別れたくないのなら、感情的な言動は控えましょう。
女性のヒステリックは男性を疲れさせるだけです。
どれだけ冷静に建設的な話し合いができるかが復縁へのキーポイントになるのです。

どうしても叶えたい復縁がある方はコチラ

こちらもオススメ

どうしても別れさせたいカップルがいる方はコチラ

劇的に恋愛運をアップさせたい方はコチラ

この復縁は叶いそう?1分でわかる確率診断はコチラ

【ゲッターズ飯田】運の鍛え方を教えます

【復縁マニュアル】7つのステップでもう一度好きにさせる方法

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です