別れたくない!3つの揺さぶりで彼氏に別れを思い止まらせる方法

別れたくない時に効果のある揺さぶりとは・・・

彼氏に別れを告げられても簡単に断ち切れないですよね。
しかし、別れたくない気持ちを全面に押し出すと男性は逃げてしまいます。
今回は男性心理を揺さぶって彼氏に別れを思い止まらせて復縁する方法をご紹介します。

別れたくない彼氏を思いとどまらせる方法

1.罪悪感を揺さぶる

別れを切り出す方は大なり小なり罪悪感を抱いているものです。
たとえあなたに原因があったとしても、自分の事を好きでいてくれている人間に対して別れを告げるという行為自体に人間としての良心が傷むのです。
彼氏に別れを思い止まらせて復縁をしたいならば、この罪悪感をめいいっぱい揺さぶりましょう。
罪悪感を揺さぶる時のコツは弱々しさや健気さを見せる事です。
わんわん大泣きをするのではなく、声のトーンを低くして目に涙をいっぱいに溜めて悲しい笑顔を作りましょう。
「好きだけど私が悪かったね。辛い思いさせてごめんね」と相手の気持ちに対して気遣いをみせると良いでしょう。
くれぐれも罪悪感を誤解して相手を責め立てないようにしましょう。
責めれば責めるほど男性は「責めてくれて心が軽くなった」と罪悪感を感じなくなってしまうのです。

2.意外感で揺さぶる

彼氏は別れを切り出す前にあなたがどんな反応をするのかイメージしたり、無意識の内に予想をしています。
「こういう風に言うと責められるだろうな」「きっと大泣きしてすがってくるだろう」と今まで付き合ってきた経験から別れ際のあなたを勝手に想像しているのです。
このイメージを逆に利用して意外感で揺さぶりをかけるのです。
たいていの男性は別れ際でヒステリックに責められるマイナスイメージを持っているので、ここはグッと我慢して冷静な対応を心掛けましょう。
責めるのではなく、今までの感謝と謝罪を伝えて別れを受け入れると良いでしょう。
「えっ本当に別れていいの!?」と彼氏は想像とのギャップに別れを考え直してしまうのです。

3.喪失感で揺さぶる

どんなに別れを決心しても一度は愛し合った恋人を失う事は彼にとっても痛手です。
振る方も振られる方と同じく寂しさや喪失感を感じるものなのです。
しかし、別れを決意した彼は喪失感よりも「別れなければ」という気持ちの方が先行している状態です。
綺麗に別れてから喪失感を感じさせるよりも、別れてしまう前に喪失感を感じさせた方が復縁しやすいですよね。
ですので、別れを告げられた際には彼の喪失感を最大限に揺さぶりましょう。
方法は2つあります。
まず一つ目は「まだ好きだけど。あなたの事を苦しめたくないから、頑張ってお別れするね」と素直に別れを受け入れるのです。
すると「自分の事をこんなに思ってくれる人を本当に失っていいのか」と喪失感に駆られるのです。
また、別れを受け入れた後に二人で楽しかった思い出を語り合うのも効果的です。
「あの時は本当に楽しかったね」と楽しかった記憶を呼び覚まして彼氏の喪失感を煽るのです。


いかがでしたでしょうか?

別れてから復縁するよりも、別れる前になんとか思い止まらせて関係を修復した方が良いですよね。
そのためにも別れ際に男性心理を揺さぶる事がとても重要なのです。
自分の感情のまま行動するのではなく、相手がどう感じるかに視点をおいて行動するようにしましょう。

どうしても叶えたい復縁がある方はコチラ

こちらもオススメ

どうしても別れさせたいカップルがいる方はコチラ

劇的に恋愛運をアップさせたい方はコチラ

この復縁は叶いそう?1分でわかる確率診断はコチラ

【ゲッターズ飯田】運の鍛え方を教えます

【復縁マニュアル】7つのステップでもう一度好きにさせる方法

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です