マリッジブルーで婚約破棄してしまった時の復縁への3つの手順

婚約破棄した場合の復縁方法とは・・・

結婚前にマリッジブルーになり、婚約破棄をして後悔していませんか?
人は不安や不満が蓄積した状態では正常な判断ができません。
しかし、まだ遅くはありません。
後悔しているなら復縁活動に取り組んでいきましょう。

婚約破棄してしまった時の復縁への3つの手順

1.不満や不安を全て伝える

結婚準備をしている時って相手に対して不満が溜まってしまいますよね。
結婚式の準備に協力的でなかったり、相手の両親の主張を押し通されたりと初めての共同作業にイライラを募らせてしまいます。
今まで経験してこなかった作業ですから、余計に不満を抱え込みやすくなるのです。
また、結婚前には「ほんとにこの人でいいのか」「ちゃんと生活していけるか」といった不安にも駆られます。
これらの不満や不安を相手に伝えずに溜め込んでしまった結果が婚約破棄なのです。
結婚に対する捉え方は男女で違ってきます。
まずはお互いに感じていた事を吐き出しましょう。
言わなければ相手も対処のしようがないのです。

2.すれ違いを埋める

自分の不満や不安を伝えたのなら、今度は結婚に対する二人のすれ違いを埋めていきましょう。
大切なのは話し合いです。
これから何十年という結婚生活ですから、1日だけの話し合いでは足りません。
とことん自分が納得できるまで話し合いを続けましょう。
しかし、大切なのは意見の押し付け合いではありません。
お互いにどこまで妥協しあえて歩み寄れる部分を見つける事を目標にしましょう。
その時に大切なのは、相手に対して愛情がある事をきちんと伝える事です。
問題は気持ちではなく、結婚を取り巻く環境や考え方である事を事前に示しておきましょう。
そうする事で前向きな話し合いが出来ますよ。

3.先輩夫婦のアドバイスを聞く

マリッジブルーは誰しも通る結婚への登竜門です。
それを乗り越えてきた先輩夫婦の経験は宝物の宝庫です。
結婚に対する考えの甘さや自分の覚悟について考えさせられる事がたくさんあるでしょう。
恋人と二人で抱え込むと関係をこじらせてしまう場合もあります。
時には優しく時には厳しく先輩夫婦に叱咤激励してもらう事で結婚への踏ん切りがついたり、気持ちが軽くなるものなのです。
第三者の言葉も積極的に聞くようにしましょう。


いかがでしたでしょうか?

恋愛と結婚は別物です。
その違いの大きさに直面した時、二人の心がすれ違ってしまえば婚約破棄にもなってしまうのです。
愛情が薄れていないなら後悔のしないように、とことん結婚と恋人に向き合って話し合っていきましょう。

どうしても叶えたい復縁がある方はコチラ

こちらもオススメ

どうしても別れさせたいカップルがいる方はコチラ

劇的に恋愛運をアップさせたい方はコチラ

この復縁は叶いそう?1分でわかる確率診断はコチラ

【ゲッターズ飯田】運の鍛え方を教えます

【復縁マニュアル】7つのステップでもう一度好きにさせる方法

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です