「好きだけど別れたい」に隠された恋人の3つの心の闇

「好きだけど別れたい」という恋人の心の闇とは

「好きだけど別れたい」という恋人の真意が分からず悩んでいませんか?
実はこの言葉の裏には恋人が抱えている心の闇が潜んでいるのです。
この心の闇を理解してこそ二人の関係修復ができるのです。

好きだけど別れたいに隠された恋人の3つの心の闇

1.自信の喪失

もともと自己評価の低い方は何か問題が出てくる度に自信を喪失してしまう傾向があります。
自信が持てないから、自分の殻に閉じこもって自分を守ろうとするのです。
すれ違いが重なったり、遠距離になってしまうと相手の気持ちを繋ぎ止めておく自信が持てなくなってしまい、振られて傷付く前に自分から関係を終わりにしたいと思ってしまうのです。
相手に別れを思い止まらせるためには、しっかりと自分の気持ちを言葉にして伝えてあげるようにしましょう。
「ちゃんと好きでいてくれている」という自信を与えてあげるのです。

2.自分への嫌悪感

恋愛をしていると嫉妬やヤキモチを焼いてしまう事もあります。
相手が好きだからこそ恋人に執着してしまう時だってあるでしょう。
恋愛と嫉妬・執着は切っても切れない関係なのです。
しかし、嫉妬や執着は自分の中のドロドロとした不快な感情ですよね。
この不快な感情を上手に処理出来なかったり、溜め込んでしまうと自分を汚らわしく感じてしまうようになります。
「好きだけどこれ以上一緒にいると自分の事が嫌いになってしまう」と自己防衛に走ってしまうのです。
恋人が嫉妬心で苦しんでいる時は、自分も嫉妬や執着している事を伝えて「同じだよ」とその気持ちを嫌悪させないようにしてあげましょう。
自分から嫉妬心や執着心を見せてあげるだけで、恋人は溜め込んでいた感情を吐き出しやすくなるのです。

3.苛立ち

人は誰しも「理想の自分」という物を持っています。
「こんな自分になりたい」「このような自分でいたい」というイメージを持って生きているのです。
しかし、恋愛というのは自分が自分で無くなってしまう恐ろしさがあります。
相手の言動一つ一つに感情を揺さぶられて理想の自分やいつもの自分とは程遠い行動を取ってしまう時がありますよね。
また、信じたいと思っているのに信じられなかったり、許したいと思っても許せない時もあります。
「好き」という感情の前では人は自分の行動を思い通りにコントロールできないのです。
そんなコントロール出来ないみっともない自分が許せずに苛立ちを感じてしまうのです。
自分への苛立ちが膨らんでくると「元の自分に戻りたい」と考えはじめ、別れを決意してしまうのです。
恋人がイライラしている様子の時はそっと距離を置いて、冷静になれる環境を作ってあげるようにしましょう。


いかがでしたでしょうか?

恋愛というのは人の心を掻き乱して変化を与えていく物です。
自分と向き合う事を恐れている人はそんな恋愛を目の前にすると恐怖心を感じて逃げ出してしまいたくなるのです。
「好きだけど別れたい」というのは恋人が弱い自分を守るための最終手段なのです。

どうしても叶えたい復縁がある方はコチラ

こちらもオススメ

どうしても別れさせたいカップルがいる方はコチラ

劇的に恋愛運をアップさせたい方はコチラ

この復縁は叶いそう?1分でわかる確率診断はコチラ

【ゲッターズ飯田】運の鍛え方を教えます

【復縁マニュアル】7つのステップでもう一度好きにさせる方法

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です