遠距離で別れた時の3つの復縁の手引き

遠距離で別れた恋人と復縁するには・・・

遠距離で別れた場合、通常の復縁方法だけで成功するのは難しいと言えます。
それは遠距離独特の別れの理由があるからです。
今回は遠距離で別れた恋人とよりを戻したいあなたへ、復縁の手引きをお伝えいたします。

遠距離で別れた時の3つの復縁の手引き

1.理解を示す

遠距離の場合、不安や寂しさから相手の状況に対する理解が出来なくなってしまいます。
すぐに会いに来れない事への理解や連絡を出来なかった状況に対する理解が頭でわかっていても態度で示せないのです。
そんな状況に疲れた相手の心を取り戻すには、まずは元恋人に対してや遠距離でいる事に対しての理解を示さなければなりません。
「もうあんな事はしないから」と感情的な言葉で話すと相手は納得しません。
対策や間違っていた点など具体的な話を冷静に伝えると良いでしょう。

2.安心感を与える

遠距離カップルの多くが「安心感がなく、不安になってしまう」という別れの理由を挙げます。
距離があるからこそ少し連絡が途絶えただけで不安感が煽られてしまい、常に安心感がないために疲れてしまうのです。
復縁するには、まずは相手に安心感を与えてあげないといけません。
「こんな状態なら次は大丈夫かもしれない」と思わせる事が重要なのです。
そのためには、相手のペースに合わせてマメに連絡を取る事、いち早く相手の変化を察知して自分からテレビ電話などをする先回り先回りの気遣いが大切です。
しかし、無理をしすぎるとかえって元恋人は不安になるので、あくまでも自然にさりげなくを徹底しましょう。

3.将来を見せる

復縁したところで永遠に遠距離が続くと思うと元恋人も足を踏み出せないですよね。
遠距離の相手と復縁する時に大切なのは、明るい将来を思い描ける状態にする事です。
それにはあなた自身も覚悟が必要です。
「仕事が落ち着いたら一緒に住むつもりでいる」
「近くに引っ越す覚悟がある」
といったように結婚や同棲を視野に入れている事を伝えるのです。
ただの口先だけでは元恋人はすぐに見抜きます。
具体的にどう準備しているのかという事を言動で示さなければなりません。
裏を返せば、遠距離の元恋人とよりを戻すのはそれくらいの勇気と覚悟が必要なのです。


いかがでしたでしょうか?

遠距離の場合、「理解のなさ」「不安感」「不透明な未来」の3つが別れる大きな要因になります。
大半は嫌いになって別れる訳ではないので、負の感情を除去するための冷却期間を置く必要はありません。
むしろ「理解」「安心感」「近くの将来」をしっかりと相手に感じさせなければならないのです。

どうしても叶えたい復縁がある方はコチラ

こちらもオススメ

どうしても別れさせたいカップルがいる方はコチラ

劇的に恋愛運をアップさせたい方はコチラ

この復縁は叶いそう?1分でわかる確率診断はコチラ

【ゲッターズ飯田】運の鍛え方を教えます

【復縁マニュアル】7つのステップでもう一度好きにさせる方法

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です