復縁メールを無視する3つの理由とその対処法

復縁メールを無視されたのはなぜ・・・?

勇気を出して復縁メールを送ったけれど無視されてしまった・・・という方も多いのではないでしょうか?
無視されたからといって諦めるのは早いかもしれませんよ。
今回は復縁メールが無視される理由とその対処法をお伝えします。

復縁メールを無視する3つの理由

1.冷却期間不足

一番に考えられるのは冷却期間不足です。
相手にはまだあなたに対する苛立ちや不満が残っているため、メールを返信する気持ちになれないのです。
このような場合は、さらに3ヶ月程度冷却期間を置いてから再度メールをしてみると良いでしょう。
冷却期間を置く前に謝罪メールを一度だけ送り最後の一文に「ばいばい。返信はいらないからね。」と送っても良いでしょう。
SNSなどを使って今の生活が充実している事をアピールして未練がない事を間接的に伝えると効果的でしょう。

2.内容が良くなかった

復縁メールの内容は適切でしたか?
もう一度確認してみましょう。
恋愛感情がばれるような内容であったり、構ってちゃんな内容であったり、具体的な用件がなく返信しにくい内容になっていませんか?
復縁メールは内容が何よりも重要です。
具体的な用件をきっちり考えて短文で尚且つ自然な内容でなければ相手からは返信はもらえません。
チャンスは後1回のみです。
1ヶ月程度間隔を開けて再度チャレンジしてみましょう。
その時は相手にメリットになるような内容や相手にしか答えられないような質問を入れるように配慮しましょう。
元恋人がめんどくさがりな性格であれば事務的な用件で強引に返信をもらうようにしても良いでしょう。

3.返信できる状況ではない

復縁メールを送る際、しっかりと元恋人の状況把握をしましたか?
恋人の現況の把握も復縁にはとても大切なんですよ。
仕事で忙しかったり、ゴタゴタがあって精神的に余裕がないときに場違いなメールを送ってしまうと返信をもらえないだけではなく、空気の読めない人認定されてしまい、「やっぱりこの人とは合わない」と思われてしまいます。
復縁メールが無視された時はいったん、共通の知人やSNSなどを使って相手の現況を調べてみましょう。


いかがでしたでしょうか?

復縁メールが無視されて相手の気持ちが分からないと嘆くのは間違いです。
無視は「NO」という立派な意思表示なのです。
NOというサインには今回ご紹介したような様々な理由が隠されています。
メールを読み返したり、相手の現況を調べたりして理由を分析し、もう一度間隔を開けてから今回は細心の注意を払ってメールを送るようにしましょう。

どうしても叶えたい復縁がある方はコチラ

こちらもオススメ

どうしても別れさせたいカップルがいる方はコチラ

劇的に恋愛運をアップさせたい方はコチラ

この復縁は叶いそう?1分でわかる確率診断はコチラ

【ゲッターズ飯田】運の鍛え方を教えます

【復縁マニュアル】7つのステップでもう一度好きにさせる方法

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です