復縁メールの適切な頻度の4つの見抜き方

復縁メールの適切な頻度はどれくらい?

復縁メールを送る際の悩みといえば内容と頻度ではないでしょうか。
しかし、相手によって適切な頻度は異なってくるため正解は人それぞれなのです。
今回は適切な頻度の見抜き方をお伝えいたします。

復縁メールの適切な頻度

相手の性格

まずは元恋人の性格を分析し直しましょう。
一度付き合った仲なので基本的な性格やメールに対する考え方は分かりますよね。
相手の性格が構ってちゃんであれば、頻度はそれほど気にしないでも良いでしょう。
相手が送ってくる頻度より少し少なめに返信するとあなたの存在を気にかけるように仕向ける事が出来ます。
逆に面倒臭がり屋で筆不精な方であれば、相手に負担にならないようにできる限りスローペースで1週間に1回程度やり取りを続けるくらいの余裕を持ちましょう。

相手の態度を見る

相手の態度は文体に表れます。
素っ気なかったり、急に内容が淡泊になった時は「今は連絡を取り合う余裕がない」というサインだと受け取りましょう。
あまりにも冷たい態度ならばあなたが気に障るような内容を送ってしまった可能性もあるので、その時はしつこくせず数週間連絡を控えると良いでしょう。
逆にノリノリな文体や楽しそうな感じが伝わってくれば、あなたとのやり取りを楽しんでいる証拠です。
その場合は駆け引きを考えずに元恋人と同じペースでメールを楽しみましょう。

疑問文の有無

相手からきたメールに疑問文がある場合はあまり間隔を置きすぎると元恋人を苛立たせてしまう可能性があります。
特に事務的な事に関しては即返信がほしい場合もあるので、早く返信するようにしましょう。
相手が返信を必要としている時は焦らさないようにするのがベターでしょう。

緩急をつける

安定したペースでのメールのやり取りは気持ちもホッとして安心しますよね。
しかし、それでは元恋人はあなたの存在に飽きてしまう可能性があります。
一定のペースでメールを送るのではなく、緩急をつけるようにしましょう。
相手の心地よいペースの中でたまに連絡頻度を落とす事で元恋人はあなたに意識が集中するようになるのです。
しかし、緩急のつけすぎは禁物です。
あくまでも普段は相手に負担にならない頻度を心掛けてください。


いかがでしたか?

復縁メールの適切な頻度はその時々や相手の状態、性格によって変化してきます。
返信を急いでいる時やゆっくりメールを楽しみたい時にきっちりと対応できる臨機応変さが大切なのです。
型にはめて考えずに相手とのやり取りの中でメールの頻度を操っていくと良いでしょう。

どうしても叶えたい復縁がある方はコチラ

こちらもオススメ

どうしても別れさせたいカップルがいる方はコチラ

劇的に恋愛運をアップさせたい方はコチラ

この復縁は叶いそう?1分でわかる確率診断はコチラ

【ゲッターズ飯田】運の鍛え方を教えます

【復縁マニュアル】7つのステップでもう一度好きにさせる方法

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です