成功者が教える復縁メールの書き方4つのポイント

復縁メールの書き方のポイントとは・・・

復縁しようとする時メールは頼もしいアイテムとして大活躍します。
しかし、しっかりポイントを抑えていないとメールも役には立ちません。
そこで今回は、実際に復縁が成功した人から聞いた4つのポイントをお伝えします。

復縁メールの書き方の4つのポイント

冷却期間前のメールで未練を残さない

冷却期間前にどうしてもメールを送りたい時は謝罪と感謝の内容に徹しましょう。
自分への未練が感じ取れるような内容だと相手は不快感を感じたり、重く感じてしまいます。
吹っ切れた事を伝えるためにも最後の一文に「さよなら」「バイバイ」と入れると良いでしょう。
未練が残っていない事も伝わりますし、相手に「これで終わりなんだな・・・」という寂しさを感じさせる事も出来るんですよ。

用件を明確にする

冷却期間が明けたら、復縁メールの本番です。
最初にやりがちなのが「久しぶり!最近どう?元気?」という何の脈絡も用件もないメールの送信です。
気持ちは分かりますが、相手からすると「いきなり何なの」と警戒心を持ってしまうだけです。
一番始めのメールは必ず用件を明確にしましょう。
「突然ごめんね。○○さんの連絡先を知りたいんだけど、知ってる?」など共通の知人などを使って自然な用件でメールを送るとベストです。
相手も警戒しませんし、返信をもらえる確率もグンとアップしますよ。

具体的な内容にする

より内容を自然にするためにも具体的な内容にするとよいでしょう。
相手の得意分野や土地勘を利用したり、貸し借りしていた物があればそれを話題にするのも良いでしょう。
「○○君広島出身だよね。今度広島に出張で行くんだけど、どこかご飯の美味しい所知ってる?上司に調べておいてって言われちゃって・・・」
というような内容だと相手も聞かれて悪い気はしないですよね。

文章は見やすく短文で

あれもこれもと内容を詰め込みすぎると相手は読むこと自体が億劫になってしまうので止めておきましょう。
メールの内容は一つのメールにつき一つに絞りましょう。
長文で一回で終わるよりもネタを小出しにして長くやり取りを続ける方が賢いやり方ですよね。
大切なのは内容だけではありません。
文章の構成も大切です。
改行を上手に使って見やすい文章にしましょう。
一つのメールにつき3行程度の短文に抑える事も重要です。
これくらいの文章量が一番読みやすく返信もしやすいのです。


いかがでしたか?

離婚調停も復縁への1つのステップだと捉えれば、調停に対する臨み方も変わってきますよね。
諦めるのは簡単です。
まずは自分で出来る限りの努力をしてから諦めても遅くはないですよね。

どうしても叶えたい復縁がある方はコチラ

こちらもオススメ

どうしても別れさせたいカップルがいる方はコチラ

劇的に恋愛運をアップさせたい方はコチラ

この復縁は叶いそう?1分でわかる確率診断はコチラ

【ゲッターズ飯田】運の鍛え方を教えます

【復縁マニュアル】7つのステップでもう一度好きにさせる方法

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です