復縁で冷却期間を置く時の5つのポイント

復縁で冷却期間を置くと時のポイントって・・・?

復縁をするために冷却期間を置くことは効果的な方法です。
しかし、ただむやみやたらに冷却期間を置けばいいというものでもありません。
冷却期間を置くにあたってはいくつかのポイントがあるのです。

復縁の冷却期間

1.焦りすぎると可能性が0になる

冷却期間を置いた後すぐに恋人同士に戻ろうとする人は少なくありません。
しかし、これでは本末転倒なのです。
冷却期間を置く事の最重要課題は「普通に連絡を取れる仲に戻る事」なのです。
冷却期間を置くことで相手に恋愛を通して抱いた自分への負の感情を忘れさせる事が重要なのです。
冷却期間の意味を取り違えてすぐに恋愛的なアピールをしてしまうと復縁の可能性は一気に0に近づくので注意しましょう。

2.自分が成長するための期間にする

冷却期間はただ置けばいいというものではありません。
この期間の間にいかに成長できるかが復縁の鍵となってくるのです。
冷却期間を置いたのに悪い部分も改善されておらず、全く成長が認められなければ元恋人は心底愛想を尽かしてしまうでしょう。
自分が成長するための期間が冷却期間だと思い、一生懸命に自分磨きをすることが重要なのです。
でなければこの冷却期間は逆に復縁への足枷になってしまうでしょう。

3.男女の違いを認識する

男性と女性は違う生き物であると思っても良いでしょう。
それくらい男性と女性とでは物事一つ一つに対する捉え方が違うのです。
恋愛においても同様の事が言えます。
例えば、男性の場合は元恋人に未練を感じやすく、下心などから別れた後も比較的連絡が取りやすいです。
一方の女性は気持ちの切り替えが早く、一度相手への気持ちが冷めると連絡を取ることは至難の業です。
これらの男女差をしっかりと頭に入れて冷却期間を置く必要があるのです。

4.長期戦を覚悟しておく

一度失った信用を取り戻すのは大変ですよね。
恋愛においても気持ちが冷めるのは一瞬ですが、また恋愛感情を取り戻すためにはある程度の時間が必要になってきます。
別れに至った原因もきれいに取り除かれなければ元恋人も安心してあなたの元には戻れないですよね。
最初の冷却期間は1ヶ月程度が理想的ですが、復縁に至るまでには長い時で数年という歳月が必要となってきます。
この長期戦を焦らず過ごしていく覚悟がなければ復縁は無理でしょう。

5.意地になっていないか自問自答する

あなたは元恋人の事を本当に愛していますか?
元恋人への執着心から復縁しようと意地になってはいないか今一度自分の気持ちを見つめ直して見ましょう。
執着心や意地というものは第三者から見ればすぐに分かります。
どんなに上手なアプローチをされても相手から本当の愛情ではなく意地や執着心しか感じられないのならば、元恋人は本当にあなたの元から去ってしまうでしょう。


いかがでしたでしょうか?

復縁のために置いた冷却期間もその目的や意味を間違ってしまうと逆効果になってしまいます。
上記の5つのポイントをしっかり認識出来ているかチェックしてみてくださいね。

どうしても叶えたい復縁がある方はコチラ

こちらもオススメ

どうしても別れさせたいカップルがいる方はコチラ

劇的に恋愛運をアップさせたい方はコチラ

この復縁は叶いそう?1分でわかる確率診断はコチラ

【ゲッターズ飯田】運の鍛え方を教えます

【復縁マニュアル】7つのステップでもう一度好きにさせる方法

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です