別居からの復縁でやってはいけない3つのNG行動

別居からの復縁で気をつける事とは・・・

何かしらの問題があるから別居に至っているのですが、相手と復縁したいと思うあまりこの問題を余計に深刻にさせてしまう事がよくあります。
今回は、別居からの復縁で絶対にしてはいけないNG行動についてお伝えしていきましょう。

別居からの復縁でしてはいけない3つのNG行動

1.相手の非を指摘する

自分が悪いと思っていてもついやってしまうのが、相手の非を指摘してしまう言動です。
「俺も悪いけど、お前も悪い」「俺も我慢しているんだ」というように一見すると自分の非を認めていますが、この言葉には相手を責める気持ちの方が強く感じられますよね。
確かに相手にも悪い部分があるのでしょうが、別居中にそれを指摘すると「この人はわかっていない」「結局私のせいにしようとしている」と思われてしまいます。
問題は非があるかどうかではなく、それを受け入れられるか受け入れられないかです。
相手は別れを考えるほどあなたの悪い面を許せないのです。
まだ我慢出来ているあなたの気持ちと一緒にしてはいけません。

2.理解を求める

別居まで至ってしまった事に対して「どうして分かってくれないの」「こんなに頑張ってきたのに」と思っていませんか?
このように相手に理解を求めようとする言動は復縁をさらに遠ざけてしまいます。
大切なのは理解を求める事ではなく、理解してもらう事です。
自分の気持ちや状況を理解してもらうのにあなたは努力をしてきましたか?
わざわざ言葉にしなくても伝わるだろうとたかをくくっていませんでしたか?
夫婦であっても価値観や考え方は違います。
ちゃんと日々のコミュニケーションでその違いを埋めて理解し合う努力が必要なのです。
あなたが今、「分かってもらえてない」と思うならそれはあなた自身が理解してもらう努力を怠ってきた証拠なのです。
それを相手のせいにしてはいけません。

3.言い訳ばかりする

何か言えば「だけど」「でも」と言い訳ばかりしていませんか?
あなたにも主張したい事があるのは分かります。
ですが、「だけど」「でも」という話の仕方は相手にとっては言い訳にしか聞こえないのです。
言い訳の言い合いでは建設的な話はできません。
大切なのはまず、相手の意見をいったん全て受け入れる事です。
その前提があってこそ復縁の可能性が出てくるのです。
意見を言いたい時は、相手の意見を全て聞き入れてから「私はこうこう考えていたの。あなたの考え方に気付けなくてごめんね。」という主張の仕方にすると相手の心象を損なう事もないでしょう。


いかがでしたでしょうか?

別居からの復縁ではちょっとした事が命取りにもなります。
まずは相手の立場に立って物事を考える癖をつけていきましょう。
そうすると自然にNG行動もしなくなるでしょう。

どうしても叶えたい復縁がある方はコチラ

こちらもオススメ

どうしても別れさせたいカップルがいる方はコチラ

劇的に恋愛運をアップさせたい方はコチラ

この復縁は叶いそう?1分でわかる確率診断はコチラ

【ゲッターズ飯田】運の鍛え方を教えます

【復縁マニュアル】7つのステップでもう一度好きにさせる方法

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です