別居から復縁するまでの4つのポイント

別居から復縁する方法とは・・・

離れて初めて気付くパートナーの大切さというのもあるでしょう。
結婚生活が上手くいかずに別居してしまったけれどもう一度相手とやり直したと悩んでいませんか?
今回はそんなあなたへ別居から復縁するためのポイントをお伝えします。

別居から復縁するまでの4つのポイント

様子伺いをしない

「別居している相手が今どういう気持ちでいるのか」「近づいている異性の存在はないのか」など相手との復縁を望んでいると様々な不安がよぎるでしょう。
しかし、不安だからといって様子伺いの連絡や訪問は極力控えましょう。
一緒に居たくないから別居しているのに、周りでちょこまかされるとイライラが募ってしまいますよね。
これ以上自分の印象を悪くしないためにも不安な気持ちに負けないようにしましょう。

音信不通は厳禁

わざと心配させるために音信不通になったり、重要事項なども連絡せずにいるとあなたは不誠実な人間の烙印を押されてしまいます。
別居をしていても結婚生活を続けていれば日常の様々な場面で連絡を取り合う事も必要になります。
相手が連絡を取りたいと思っている時にはしっかり対応するようにしましょう。

謝罪をしすぎない

「なんとか離婚だけは避けたい」と思って顔を合わせる度に謝罪するのは厳禁です。
自分の悪かった部分を謝罪するのは大切ですが、1回きちっと謝罪をした後は謝罪しないようにしましょう。
謝罪をしすぎると相手は「どうすれば離婚を納得させられるか」と考えて余計にあなたに冷たくなるでしょう。
冷たくしている内にそれが本心にも成りかねないのです。
謝罪のしすぎで相手を追い詰めないようにしましょう。

友人や家族への印象回復に努める

離婚となると周囲の人間も巻き込む事になります。
ですので、パートナーは友人や家族に相談したりアドバイスをもらうことも多くなるでしょう。
離婚の意思が固まってなくても家族や友人から離婚を進められればその勢いで離婚してしまう事も多々あります。
逆に離婚したいと思っていても家族や友人の言葉で思いとどまる事も多いのです。
パートナーの印象回復も大切ですが、それと同じくらい相手の家族や友人への印象回復も大切なのです。
信頼を置いている人達が信頼できる人間ならばやり直してみようという気持ちも湧き上がるものなのです。
家族や友人は敵になると恐ろしいですが、味方につけると非常に頼もしいのです。


いかがでしたか?

別居から復縁するまでには約3ヶ月から半年を目標にしましょう。
1年を過ぎてしまうと相手の生活も確立されてしまうため復縁率は大幅に下がってしまうのです。

どうしても叶えたい復縁がある方はコチラ

こちらもオススメ

どうしても別れさせたいカップルがいる方はコチラ

劇的に恋愛運をアップさせたい方はコチラ

この復縁は叶いそう?1分でわかる確率診断はコチラ

【ゲッターズ飯田】運の鍛え方を教えます

【復縁マニュアル】7つのステップでもう一度好きにさせる方法

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です