別居しても復縁できる5つの理由

別居から復縁が可能なのはなぜ?

別居を離婚への準備段階としか捉えていませんか?
実は復縁のための別居も存在するのです。
別居にまで至ったと諦めるのではなく、復縁のチャンスとして活かしていきましょう。

別居しても復縁できる5つの理由

相手が迷っている証

心の底からあなたの事を嫌っていて離婚しか考えられないと思っているなら、すぐに離婚を突きつけてくるでしょう。
そうではなく、いったん別居という形を取るのは相手も離婚に踏み切れずにあなたとの関係を考えなおしたいと思っているからです。
子どものためにしろ、自分の感情が原因にしろ、離婚を思いとどまっているのは現実です。
別居している段階では、まだあなたが挽回する余地が残されているのです。

お互いに冷静になれる

別居は行き詰まった夫婦の冷却期間と考えると良いでしょう。
お互いに相手の悪い面ばかり見えて、常にイライラした状態だと良い話も悪い方向に進んでしまいます。
別居はそんな夫婦の高ぶった感情を冷静にさせてくれる良い機会なのです。
離婚を考えていても、別居してみたら自分も悪い部分があったと思えるようにもなるのです。

生活基盤を整えられる

借金や生活苦が原因で別れ話が出ているなら、別居は絶好のチャンスだと思いましょう。
相手はあなたが心底嫌いなのではなく、生活がやっていけないから離婚を考え始めているのです。
別居している間はトラブルにパートナーを巻き込む事もありません。
パートナーが安心できるような生活基盤を築いていくことに専念できるのです。

相手を解放してあげれる

結婚生活を送っていると様々なしがらみが出てきますよね。
夫婦関係が上手くいっていない状態だとそれらのしがらみがさらに相手を苦しめる事になります。
そうなると「早くこの苦しみから解放されたい」という気持ちが強くなり、あなたの存在まで考えが及ばなくなります。
パートナーを追い詰めれば追い詰めるほど復縁は難しくなってしまいます。
別居をすることはそういった苦しみから解放させてあげるという意味合いもあるのです。

お互いの必要性を認識できる

離れて初めて気付く相手の存在の必要性もあります。
夫婦関係が悪い状態では自分の中の相手の存在意義すらなくなってしまいます。
「ただのイライラ要因」「憎ったらしいだけの人」という認識になってしまうのです。
別居をして冷静な思考回路を取り戻すと相手が家庭内で果たしていた役割が見えてきます。
「腹は立つけれどこういう時には必要な人」「こんな事をしてくれていた」というように相手の必要性が見えてくるのです。


いかがでしたか?

別居は悪い面ばかりではありません。
視点を変えれば相手と復縁するための絶好のチャンスだとも言えるのです。
諦めてチャンスを棒に振るか、その手で復縁を掴み取るかはあなた次第なのです。

どうしても叶えたい復縁がある方はコチラ

こちらもオススメ

どうしても別れさせたいカップルがいる方はコチラ

劇的に恋愛運をアップさせたい方はコチラ

この復縁は叶いそう?1分でわかる確率診断はコチラ

【ゲッターズ飯田】運の鍛え方を教えます

【復縁マニュアル】7つのステップでもう一度好きにさせる方法

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です