離婚した相手との復縁率が低い4つの理由

離婚からの復縁率はなぜ低いの?

離婚に至る理由も様々ですが、パートナーと別れて初めてその存在の大切さに気付いて復縁を希望するというケースも少なくないようです。
しかし、離婚からの復縁率は極めて低いと言えます。
今回はその理由に迫っていきたいと思います。

離婚した相手との復縁率が低い4つの理由

様々な手続きが伴う

結婚や離婚は様々な法的手続きをしなければいけません。
特に離婚が大変と言われるのは各種変更手続き多いためです。
このような面倒臭い作業をしてやっと離婚したのに、なかなか復縁には踏み切れないですよね。
一度手続きの大変さを経験しているからこそ、よっぽどの気持ちの強さがなければ容易に復縁に応じる事が出来ないのです。

周囲を巻き込む

普通の恋愛とは違い、結婚は2つの家族が1つの繋がりを持つわけですから親族や家族なども関係してきますよね。
自分達だけの問題ではなく周囲を巻き込むのが結婚や離婚なので、簡単に決断を下す事はできません。
離婚後に復縁したくても様々なしがらみが出てくるでしょう。
また、結婚式や披露宴をしたカップルならなおさらです。
招待した友人や仲人など多くの人達を裏切る事になるのです。
結婚して離婚して、「やっぱり一緒にいたいから復縁をしよう」とは簡単にいきませんよね。

時間と費用の消耗

結婚式をするだけでも膨大な費用が必要ですよね。
離婚も同じです。
別居費用や養育費など諸所に費用がかさんでいきます。
また、事務的な手続きや両家の話し合いなど離婚に至るまでには多くの時間も消耗します。
わざわざ貴重な時間と費用を消耗してまで離婚したのですから、その別れへの決意は確固たるものです。
簡単にはその決意を覆せないでしょう。

熟考の末の決断

恋愛での別れとは違い、離婚は一時の感情やちょっとしたすれ違いでは別れられないですよね。
積み重なる物が積み重なって熟考した末に出てきた結論が離婚なのです。
別れて相手への未練を感じても、相手の気持ちを変える事も、自分自身の決断を覆す事も難しいのです。
また相手からの一方的な離婚の場合、離婚を言い渡したパートナーには相手の意見を受け入れられないくらいの大きな別れの原因が胸に溜まっているのです。
離婚を決意するほどの原因なのですから、容易には改善できないですよね。


いかがでしたか?

離婚は家族や法律、各種手続きなど様々なしがらみを乗り越えてようやく解決へと向かいます。
自分達だけの感情で動けないからこそ復縁率も低くなってしまうのです。
まずは離婚に至る前に本当にこれで相手との縁を切ってもいいのかじっくりと考えてみてください。

どうしても叶えたい復縁がある方はコチラ

こちらもオススメ

どうしても別れさせたいカップルがいる方はコチラ

劇的に恋愛運をアップさせたい方はコチラ

この復縁は叶いそう?1分でわかる確率診断はコチラ

【ゲッターズ飯田】運の鍛え方を教えます

【復縁マニュアル】7つのステップでもう一度好きにさせる方法

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です