別れた後に元カノの妊娠が発覚した時の5つの心構え

別れた後に元カノの妊娠が発覚したら・・・

別れた元カノが自分の子どもを妊娠している事が発覚して悩んでいませんか?
予期せぬ事態に頭も真っ白になってしまうでしょう。
しかし悩んでいても問題は解決しません。
まずは今回ご紹介する心構えの下、この妊娠問題にしっかりと向き合っていきましょう。

別れた後に元カノの妊娠が発覚した

1.復縁か認知か堕胎か自分の意思を明確にする

まずは、自分の中で元カノと復縁して子どもを養っていく覚悟があるのかどうかを考えましょう。
ここでは、元カノとの別れ方や現在の関係性が考える際の参考になるでしょう。
どうしても元カノと一緒になれないというのなら、子どもを認知できるのかどうかを考えましょう。
経済的な余裕や自分の社会的立場を総合して考えてみると良いでしょう。
自分の中で復縁か認知か堕胎かをきっちりとした理由の下で明確にしましょう。

2.責任は必ずとらなくてはならない

「お互い同意の上でセックスしたんだから」「元カノが大丈夫って言ったから・・・」と責任逃れをしていませんか?
同意の上であろうとなかろうと妊娠したのは2人に責任があります。
どんなに言い訳をしてもその責任からは逃げられない事を肝に命じておきましょう。

3.疑うならDNA鑑定をする

男性の中には「本当に俺の子どもなのか」と疑う人もいるでしょう。
もし生むとなった場合にそのような疑いの心を持っているとトラブルの元になります。
元カノの言葉に信憑性がない場合も同様です。
時には本当に違う男性との子どもを押しつけてくる卑劣な女性もいます。
トラブルを回避するためにも疑う余地があるのならDNA鑑定をしましょう。
それを女性側が頑なに拒むようであるのならば裏になにかあると思って間違いないでしょう。

4.会ってきっちり話し会う

妊娠問題が発覚したのなら、まずは本人に会って話し合う事が何より大切です。
会って話す事でお互いの気持ちが復縁に向かっていくことも多いのです。
お互いにまだ大人として未熟な場合は両親を入れての話し合いも大切です。
「生むか堕胎するか」「結婚するのか」「養育費はどうするのか」などしっかりと話し合いの結果を書面として残しておきましょう。
後々のトラブルを回避することができます。

5.妊婦の立場を考える

男性は妊娠といってもいまいちピンとこないでしょう。
そのため妊婦の立場も考えずに自己中心的な発言ばかりする男性も少なくありません。
妊娠すると女性は身体ともにかなりの負担がかかり、体調も心の状態も不安定になります。
頭で考えた通りに動けない事だってたくさんあるのです。
そんな妊婦の立場をしっかりと理解しましょう。


いかがでしたでしょうか?

子どものためにも復縁で丸く収まるのが理想的ですが、一度別れた男女ですからそう簡単にはいきません。
まずは元カノの身と子どもの事を第一に考えながら、自分はどこまで譲歩できるのかをしっかりと考えて行動していきましょう。

どうしても叶えたい復縁がある方はコチラ

こちらもオススメ

どうしても別れさせたいカップルがいる方はコチラ

劇的に恋愛運をアップさせたい方はコチラ

この復縁は叶いそう?1分でわかる確率診断はコチラ

【ゲッターズ飯田】運の鍛え方を教えます

【復縁マニュアル】7つのステップでもう一度好きにさせる方法

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です