復縁を目指すあなたへ・・・。別れた後のメールテクニック4選

別れ後のメールを送りたいけど送れない・・・

元恋人との復縁を願っているけれどどうすればいいのかわからずに悩んでいませんか?
そんな時は、まず手軽なメールを使って連絡してみましょう。
今回は別れた後に送る時に役立つメールテクニックをお伝えします。

別れた後のメール

1.最適なタイミング

復縁できるかどうかはメールを送るタイミングが最も重要です。
タイミングを間違えると復縁の可能性は一気にゼロに近づくので気をつけましょう。
個人差もありますが、メールを送るベストタイミングはだいたい別れてから1ヶ月後です。
それまではどんなに辛くても連絡するのは控えましょう。
別れてすぐ連絡してしまうと恋人の中でのあなたに対する負の感情がまだ大きい時期なので逆効果になってしまいます。
別れてすぐ復縁したいと思う人なんていませんよね。
ちょうど別れてから1ヶ月くらいの時期は恋人がいない寂しさのピークにいます。
その時にメールを送ると相手の感情を揺さぶる事ができるのです。

2.長文は絶対NG

復縁したいという想いに駆られてついついメールの文章も長くなってしまう気持ちはとても理解できますが、いきなりの長文メールはNGです。
別れた後に元恋人からいきなり長文のメールが届くとうんざりするし重く感じますよね。
ここはグッと堪えて相手が読みやすく、気兼ねなく返信できるような短めの文章にしましょう。
かといって、「元気?」だけなど相手にしたら意味不明な短すぎるメールもNGなので注意しましょう。

3.誤解を解きたいは逆効果

復縁メールでつい送りがちなのが、この自分の想いを詰め込んだ内容や、別れの原因に対する誤解をとくためのメールです。
復縁したいという自分の気持ちを延々と書かれていては相手にとっては非常に重たいし、結局自分の気持ちしか考えていないという様に捉えるでしょう。
また、たとえ誤解があったとしても今更その事に対して弁明するのは言い訳がましく聞こえてきます。

4.相手の立場を考えた内容がベスト

それではどのような内容のメールにすればよいのかというと、それはずばり相手の立場に寄り添った内容が一番でしょう。
自分の事ではなく、まずは相手の気持ちや立場を気遣って思いやる事が大切なのです。
そうする事で「自分の事を理解してくれている」「私の事を考えてくれている」というように相手の心を溶かす事ができるのです。


いかがでしたでしょうか?

たかがメールと思うかもしれませんが、されどメールです。
メールの送り方や内容が少し違うだけで復縁できるかどうかが決まってくると言っても過言ではありません。
自分の気持ちを相手に押し付けるのではなく、相手の気持ちを理解して思いやるところから復縁の道は開けてくるのです。

どうしても叶えたい復縁がある方はコチラ

こちらもオススメ

どうしても別れさせたいカップルがいる方はコチラ

劇的に恋愛運をアップさせたい方はコチラ

この復縁は叶いそう?1分でわかる確率診断はコチラ

【ゲッターズ飯田】運の鍛え方を教えます

【復縁マニュアル】7つのステップでもう一度好きにさせる方法

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です