「冷めた」と言われてしまった相手と復縁するための5つの方法

冷めたと言う相手と復縁するには・・・

「気持ちが冷めたから」と振られてしまったという経験者は案外多いのではないでしょうか。
思い切り突き放されてしまい太刀打ちできなさそうですが、ここから復縁できちゃう方法だってちゃんとあるんですよ。

冷めたといわれた相手と復縁

1.徹底的に自分磨きをする

自分磨きは復縁には鉄則ですが、特に相手の気持ちが冷めて別れた場合には徹底的に自分磨きをする必要があります。
それは冷めた相手の心に新しい印象を植え付ける必要があるからです。
もちろん元恋人に好印象に取られる変身をしなければなりません。
好印象な大変身を遂げることで相手の冷めた気持ちを動かすのです。
くれぐれも間違った方向にいかないように気をつけましょう。

2.単なるセリフか本心かを見極める

別れ話をする際に恋人がすがってきたり、別れの理由を説明するのが面倒臭い時には男女問わずに「気持ちが冷めたから」というセリフを使う事が多いのです。
単なる別れたいがためのセリフなのか本当に冷めてしまったのかをまず見極めなければなりません。
それによっては復縁へのアプローチ方法が変わってくるからです。

3.冷却期間を長めにとる

冷めた相手と復縁したい場合は、2人の間に存在していた大きな温度差を撤廃することが重要です。
温度差があればあるほど、相手はあなたを重荷に感じてしまい余計に冷めた自分の気持ちを実感してしまいます。
冷却期間があけたら、サバサバとした態度で少しあなたの方が冷めているくらいがちょうど良いでしょう。
相手の「追いたい」という気持ちを刺激するのです。

4.温度差をなくす

冷めた相手と復縁したい場合は、2人の間に存在していた大きな温度差を撤廃することが重要です。
温度差があればあるほど、相手はあなたを重荷に感じてしまい余計に冷めた自分の気持ちを実感してしまいます。
冷却期間があけたら、サバサバとした態度で少しあなたの方が冷めているくらいがちょうど良いでしょう。
相手の「追いたい」という気持ちを刺激するのです。

5.原因の深追いをしない

特に女性がしがちなのが気持ちが冷めた理由の深追いです。
話し合いで理由を問いただす行為は自爆行為そのものです。
相手が「気持ちが冷めた」という場合はこれ以上は話したくないという意思表示と取っても良いでしょう。
原因を深追いしてしまって復縁の可能性を自ら消し去らないように気をつけましょう。


いかがでしたでしょうか?

「冷めた」相手と復縁するには、冷めた気持ちを動かす事と冷めたという事を実感させない事が必須です。
そのためにも徹底的な自分磨きで相手の心を刺激したり、冷却期間をしっかりとって冷めたという気持ちを忘れさせる事が大切なのです。

どうしても叶えたい復縁がある方はコチラ

こちらもオススメ

どうしても別れさせたいカップルがいる方はコチラ

劇的に恋愛運をアップさせたい方はコチラ

この復縁は叶いそう?1分でわかる確率診断はコチラ

【ゲッターズ飯田】運の鍛え方を教えます

【復縁マニュアル】7つのステップでもう一度好きにさせる方法

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です