不倫相手と別れたくない男性の3つの心理状態

不倫相手と別れたくない・・そんな男性の心理とは

不毛な恋だと気付いて既婚男性に別れを告げても、復縁を迫られたり別れを受け入れてくれなかったりと悩んでいませんか?
家庭も不倫相手も手放せない男性の心理とはどのような状態になっているのでしょうか。
その真相に迫ってみたいと思います。

不倫相手と別れたくない男性の心理

1.不足原理が働いている

不倫に走る男性の多くは妻とは違うタイプの女性と付き合う傾向があります。
また、不倫をしてしまうタイミングとして妻が妊娠や子育てで夫の事を構わなくなってくる時期が多いと言われています。
この2つに共通しているのが、不足を補おうとする心理状態です。
妻に不足している部分を全然違うタイプの女性で補ったり、心の中に空いた空間を誰かに補って欲しいという欲求が不倫をする男性の中にはあるのです。
つまり、家庭と不倫相手の両方を持つ事で男性は自分を満たしているのです。
どちらか一方でもなくなってしまうと途端に不足した状態になり不安定になってしまいます。
そのためどれだけ不毛な思いをさせていても自分から不倫相手を手放す事が出来ないのです。

2.気持ちの振り分けをしている

タイトルでも述べた通り、男性は2人を同時に愛する事ができるのです。
女性は恋をすると一人の男性に対して100%の気持ちを注ぎますが、不倫をする男性は妻には70%、不倫相手には30%と自分の気持ちを振り分ける事ができるのです。
気持ちに差は生じますが、2人の事をちゃんと愛しているので、不倫をしている事への罪悪感があまりありません。
不倫相手の女性がいくら別れを告げても自分なりに気持ちを与えているので罪悪感を持たずに復縁を迫れるのです。

3.禁断の愛への陶酔

最も厄介なのが、こちらです。
不倫を本気の愛だと錯覚して陶酔してしまう心理状態です。
不倫には様々な障壁があり、2人だけの秘密も多いですよね。
また、現実味がなく感情だけで暴走する事が可能な世界なので、その2人だけが所有する世界にどっぷりと陶酔してしまうのです。
いわゆる現実逃避です。
しかし、それは錯覚と陶酔でしかなく、現実社会で妻がいるからこそ成り立つ世界なのです。
ですので、家庭を失う事はできないけれど自分の心地良い世界を失いたくもないので不倫相手とも別れられないのです。


いかがでしたでしょうか?

妻とも不倫相手とも別れたくないという気持ちの裏には、自分の世界や立場を失わずに気持ちを満たそうとするしたたかな心理が働いているのです。
既婚男性から復縁を迫られても、そこにはあなたへの100%の愛がある訳ではないのです。

どうしても叶えたい復縁がある方はコチラ

こちらもオススメ

どうしても別れさせたいカップルがいる方はコチラ

劇的に恋愛運をアップさせたい方はコチラ

この復縁は叶いそう?1分でわかる確率診断はコチラ

【ゲッターズ飯田】運の鍛え方を教えます

【復縁マニュアル】7つのステップでもう一度好きにさせる方法

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です