復縁できる境界線は別れて半年まで!?その4つの理由とは

別れて半年以内が復縁の勝負時!?

元恋人と復縁したいけれどやっぱり諦めるべきなのか・・・と行動を起こさずにぐだぐだと悩んでいませんか?
実は別れて半年以内に復縁に向けて何かしらのアクションを起こさないと復縁の成功率はグンと下がってしまうのです。
これにはちゃんとした理由があるんですよ。

復縁できる境界線は別れて半年まで

1.気持ちが離れる

別れた直後は失恋の傷を癒やしたり、独り身の自由を堪能したりと元恋人との復縁はあまり考えません。
しかし、1ヶ月を過ぎたあたりから元恋人のいない寂しさや大切さを痛感するようになります。
その元恋人に対する寂しさや恋しさは別れてから半年以上経ってしまうとほとんど感じなくなってしまうのです。
復縁の成功率をあげるには相手も未練を感じている時がベストなので、気持ちがすっかり離れてしまう別れて半年以内にアクションを起こさなければならないのです。

2.一人の生活が充実してくる

失恋の辛さを忘れるためにがむしゃらに仕事や趣味に打ち込んだ経験のある方は多いのではないでしょうか?
最初は元恋人のいない寂しさや辛さから逃げるために始めた事も、時間が経ってくると仕事や趣味の楽しさが辛い気持ちを上回るようになります。
仕事や趣味などで成果が出始めてくるのがちょうど半年が経ち始めた頃です。
成果が出てくると恋人のいない生活が充実したものになるため恋人よりも仕事や趣味を優先的に考えるようになるのです。
つまり復縁の勝負時は元恋人が一人の生活を充実させる別れて半年以内なのです。

3.新しい異性の存在が出てくる

仕事や趣味に夢中になっていなければ、ちょうど別れて半年経った頃から人肌が恋しくなってきます。
特に男性は性的な欲求も出てくるでしょう。
また、半年という期間はその中で必ず恋人同士には欠かせないイベント事がやってきます。
そのため、別れてから半年が経過すると人恋しさとイベント事も相まって元恋人に新しい異性の存在が出てきやすいのです。
復縁したい相手に気になる異性や新しい恋人ができると復縁は難しくなってしまいます。

4.自分自身の原動力も低下する

半年というのは短いようで長いですよね。
別れてから半年もの間何も行動を起こさずにただ悩んでいるだけだと自分自身も疲れてしまいます。
復縁に向けて目標を立て、行動を起こしているとその行動自体が新たな原動力となり前進していけるのです。
ただ頭の中で悩んでうじうじとしていると自分の中で「やっぱり諦めた方がいい」「どうせ復縁できるはずがない」と都合の良い自分に甘い考えに流されてしまうだけです。
復縁をするには強い想いが大切です。
何も行動しないまま原動力を失っている状態では復縁は成功しません。
別れて半年以内に復縁をしたいと思いつつも復縁に向けて踏み出せないのであれば潔く諦めた方がよいでしょう。


いかがでしたでしょうか?

半年という期間は季節も変わりますし、様々なイベント事も通過していきます。
その中で元恋人の心境も環境も刻々と変化していってるのです。
復縁を考えているのならば、別れて半年以内を境界にして考えていくと良いでしょう。

どうしても叶えたい復縁がある方はコチラ

こちらもオススメ

どうしても別れさせたいカップルがいる方はコチラ

劇的に恋愛運をアップさせたい方はコチラ

この復縁は叶いそう?1分でわかる確率診断はコチラ

【ゲッターズ飯田】運の鍛え方を教えます

【復縁マニュアル】7つのステップでもう一度好きにさせる方法

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です