お互い好き同士だった恋人と別れた時の5つの気持ちの切り換え方

好き同士だった恋人との別れを乗り越えるには・・・

お互いに嫌いになった訳ではない好き同士の別れは気持ちが残っている分辛いですよね。
復縁をするにも辛い気持ちを引きずっていては成功しません。
今回はそんなあなたに好き同士で別れた際の気持ちの切り換え方をお伝えします。

好き同士だった恋人と別れたときの切り替え

1.部屋を掃除する

最近では汚部屋女子という言葉があるように自分の部屋を掃除しない女性も少なくありません。
整理整頓がされておらず埃まみれの部屋はその住人の心にも悪影響を及ぼしますし、何よりも運気全体を下げてしまいます。
おまじないをするのならまず始めに部屋を掃除して綺麗にしましょう。

2.身を清める

おまじないでも邪気は払えますが、身を清めた状態でするとおまじないの効果は格段にあがります。
手軽にできる身を清める方法としてはおまじないの前に湯船に塩をひとつまみ入れて入浴すると良いでしょう。
塩は精製していないものを使用しましょう。
また、けがれを避ける意味でも生理中でのおまじないは避けた方が良いでしょう。

3.複数掛け持ちはしない

様々な効果が得たくて複数のおまじないを一気にしてしまう方がいますがこれはタブーです。
複数一気に実行することで気が散ってしまいますし、一つのおまじないに十分なパワーが行き届きません。
欲張らずに一つのおまじないに集中して行いましょう。

4.月の満ち欠けに注目する

おまじないの効果に影響を与えるのが月です。
月には秘めたるパワーがあります。
おまじないを実行するのに一番いいのは新月と満月の日です。
新月と満月の日は一番パワーが強いと言われています。
ピンポントで出来ないという方は新月から月が満ちていくタイミングで行うと効果アップが期待できるでしょう。
また、復縁のおまじないを行う際は金曜日に実行すると効果がアップします。
金曜日は恋愛運が上昇するためです。

5.気持ちを強く持つ

おまじないでもっとも大切なのが、おまじないを行う人の気持ちの強さで叶えたいという気持ちが強ければ強いほどおまじないの効果も高くなります。
また、おまじないの効果を信じる気持ちも大切です。
半信半疑で行ったり、どうせダメだろうといった気持ちで行うとおまじないの効果は得られないでしょう。
信念が強ければ強いほど復縁に対して前向きに取り組めるようにもなるので、しっかりとした決断の元でおまじないを行いましょう。


いかがでしたでしょうか?

おまじないで大切なのは「清い体や環境」「信じる力」「パワーの強さ」です。
ただ単に実行するのとこれらの心得をきっちり守って真剣に行うのとでは効果も雲泥の差です。
行うからには効果が高い方法でするのが良いですよね。

どうしても叶えたい復縁がある方はコチラ

こちらもオススメ

どうしても別れさせたいカップルがいる方はコチラ

劇的に恋愛運をアップさせたい方はコチラ

この復縁は叶いそう?1分でわかる確率診断はコチラ

【ゲッターズ飯田】運の鍛え方を教えます

【復縁マニュアル】7つのステップでもう一度好きにさせる方法

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です