男を好きにさせるためのメールの頻度について

好きにさせたい男に対しての最適なメールの頻度は?

好きにさせるためのメールの頻度をある程度理解しておけば、好きな人から興味を持ってもらったり、好きになってもらえる可能性もあるのです。ではどのようなメールの頻度が最適なのでしょうか。一緒に考えていきましょう。

1日に1通は送る

メールをする日があったり、しない日があるのではなくて、必ず1日に1通はメールをするようにしてみましょう。相手の男性の中でそれが習慣化されますので、メールが来るのが当然のようになってくるのです。

そのため、相手の心の中に自然とメールのやりとりが日課のようになってくるでしょう。こうすればメールをしにくくなることもありませんので、忘れないように1日1通のメールはするようにしてください。

時間帯を意識する

自分がのんびりしている時間でも、相手はそうではないかもしれません。でもメールの良いところは、相手の都合の良い時に読めるということ。

でも念のため時間を意識してメールするのは必要です。早朝や深夜にメールを送るようなことをすると、常識が無いように思われます。メールの頻度を意識し過ぎて時間の感覚がずれてしまわないように気を付けましょう。

相手のペースに合う頻度

とりあえずは、このぐらいの時間でいいかな…と思う時間にメールをしてみましょう。返信が早く来た場合には、このぐらいのタイミングで送るのがベストということになります。

その後に再度メールをすればまた返信がすぐに来るようであれば、相手が望むメールの頻度が分かるのです。これは試してみないと見えないものですから、一度勇気を出して送るようにしてみましょう。

迷惑ではないかをメールで聞いてみる

「私、メールを送りすぎていないかな?」というようにして相手にメールで聞いてみるのも一つの方法です。忙しければ返せないけれど、普段は大丈夫という返事なら、これからもメールを送ることが出来るでしょう。

でもちょっと多いかな…という返事がもしも返ってきた時には、「ごめんなさい。今度から気を付けます」と丁寧に謝るようにしましょう。そうすれば、礼儀正しい女性だなと思われて、男性は悪い印象は持たないものです。


好きにさせるためのメールの頻度を考えすぎると、メールが送れなくなります。今送ったら嫌われるかも…と考えすぎてしまう場合も。でもあまり考え過ぎずに、自分にとっての常識の範囲でメールを送るようにしてみましょう。

人により、常識や非常識は違うものです。でも同じ感覚の場合もありますので、一度はメールを送ってみないことには、分からないもの。思い切って相手をねぎらうようなメールから始めてみましょう。

どうしても叶えたい復縁がある方はコチラ

こちらもオススメ

どうしても別れさせたいカップルがいる方はコチラ

劇的に恋愛運をアップさせたい方はコチラ

この復縁は叶いそう?1分でわかる確率診断はコチラ

【ゲッターズ飯田】運の鍛え方を教えます

【復縁マニュアル】7つのステップでもう一度好きにさせる方法

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です