好きな人にラインを返信する時に気を付けたい4つのポイント

好きな人にラインを返信する時には、どんなことに気を付けるべきなのでしょうか

好きな人にラインを返信する時に気を付けたい4つのポイント

好きな人からのラインはとても嬉しいですよね。ここでどのように返信をするかにより、二人の関係性も変わってきます。ではその返信時に気を付けたいポイントについてお伝えしていきましょう。

いつもすぐに返信しない

好きな人からのラインだから…と急いで返信したい気持ちになるものです。でもあまりにもすぐに返信があると、男性としては引いてしまう時もあるでしょう。時には少し時間を遅らせてから返信をした方が自然な感じがします。

まるで好きな人のラインをいつも待ちわびているように見えてしまいますので、気を付けるようにしましょう。

長文に対して短文で返さない

相手が長文を書いてきているのに、短文で返すと相手を傷つける場合もあるのです。相手としては何か悩みごとがあり、それに対して書いてきている時もあるでしょう。それに対して短文で返すと、思い遣りのない女性のように思われてしまうのです。

逆に短文に対して、あまり長文ばかり返すのも相手が読むのに疲れてしまうでしょう。ある程度長さを揃えるようにした方が、やりとりがしやすくなるのです。

好きな人にラインを返信する時に気を付けたい4つのポイント

感情ばかり書く

自分の感情ばかりをラインの返信で書くと、相手は受け止めきれなくなってしまいます。好きという思いを伝えたくて、感情を表現するようなラインを書くこともあるでしょう。でもあまりそれを繰り返してしまうと、男性としては「もう分かったから…」と嫌になってしまうのです。

脈ありなのか、そうではないのかと想像をさせるような内容にした方が、男性としては気になるものです。感情のラインを送るのならそのようなミステリアスな内容にしてみましょう。

スタンプで返さない

好きな人からのラインの返信をスタンプ1つで返すのは良くありません。例えば「この前貸してくれた本、とても面白かったよ。ありがとう。」とラインが来た時に、笑顔のスタンプだけにしてしまうと、相手としてはせっかく感謝の気持ちを伝えたのに…と嫌な気分になるかもしれません。

こういう時にはスタンプに加えて、メッセージを送るようにしましょう。先にメッセージを書いてからスタンプを送るようにした方が、丁寧だと言えるでしょう。


好きな人のラインへの返信に対しては、少し工夫が必要です。せっかくラインを送り合える仲になったのですから、これからもっと仲良くなりたいですよね。仲良くなるためには、相手に対して自分の印象を良いものにすることが必要です。

なんでも良いから返信をすれば良いのではなくて、送る前に一度考えてみましょう。この内容で送ると相手はどう思うかな?と考えることにより、良い内容を送ることも可能です。

どうしても叶えたい復縁がある方はコチラ

こちらもオススメ

どうしても別れさせたいカップルがいる方はコチラ

劇的に恋愛運をアップさせたい方はコチラ

この復縁は叶いそう?1分でわかる確率診断はコチラ

【ゲッターズ飯田】運の鍛え方を教えます

【復縁マニュアル】7つのステップでもう一度好きにさせる方法

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です