復縁期間に影響を及ぼす男性脳の5つのしくみ

復縁期間に対する男性の考え方って・・・

元彼と復縁をしたいと思うのならば、まずは男性脳のしくみを理解しなくてはいけません。
それは男性特有の思考回路が復縁にかかる期間や冷却期間に影響を及ぼすためだからです。

復縁期間に影響する男性脳

1.精神的ダメージに弱い

男性はあまり第三者に自分の悩みを打ち明けたりしません。
一見すると自分一人で抱え込むタフさを感じますが、実際はその逆です。
精神的に弱かったり幼いがゆえに他人を頼る事ができないのです。
また、心の痛みに弱いため別れたショックから立ち直るのにも時間がかかってしまうのです。
「男は強くなければならない」という思い込みのせいで自分の傷となかなか向き合う事ができないのです。

2.感情の切り換えが遅い

次々と思考回路を切り替える女性と比較して男性は思考の切り換えが上手ではない傾向があります。
特に感情の切り換えが苦手だと言えるでしょう。
自分の中にある感情を上手に処理することができないのです。
そのため、失恋においても別れを受け入れるまでに女性よりも時間を要するのです。
その後、自分の悪い面を見直し、後悔するというように少しずつ心の中を整理していくのです。

3.同時進行ができない

女性は雑誌を読みながらテレビを見て彼と電話をするなど器用に複数の事を同時進行することができます。
恋愛においても複数の気持ちを一気に処理していく能力があるのです。
一方、男性は同時に複数の事を処理するのが苦手なのです。
ですので、どうしても一つ一つに集中して物事を進めていくというクセがあります。
恋愛においても順々に自分の気持ちを考えるので復縁したいと思うまで時間がかかってしまうのです。

4.論理的に考えて行動する

女性は感情の生き物と言われています。
それは行動を起こす際に自分の中にある感情が起動力となるためです。
一方で男性は論理的な生き物であると言えるでしょう。
自分の感情で突き動かされるのではなく、「どうして別れたのか」「何が悪かったのか」「復縁の可能性はどれくらいあるのか」といったようによく検討してからでないとなかなか行動に移せないのです。

5.狩猟本能がある

男性には狩猟本能があります。
つまり、追われるよりも追いかけたいという潜在意識があるのです。
ですので、自分の考えが定まっていない状態で相手から迫られると逃げてしまいたくなってしまうのです。
逆に、放置されると「どうしているだろう」と気になってそわそわしてしまいます。
復縁においてはこの男性の狩猟本能を利用すると良いでしょう。


いかがでしたでしょうか?

男性が復縁するのに必要な期間は1ヶ月から半年と考えられています。
なかなかはっきりしない彼に苛立つのではなく、そもそもの脳の処理システムが違うのだと理解を示してあげましょう。
そうすることで復縁もグッと近づいてくるでしょう。

どうしても叶えたい復縁がある方はコチラ

こちらもオススメ

どうしても別れさせたいカップルがいる方はコチラ

劇的に恋愛運をアップさせたい方はコチラ

この復縁は叶いそう?1分でわかる確率診断はコチラ

【ゲッターズ飯田】運の鍛え方を教えます

【復縁マニュアル】7つのステップでもう一度好きにさせる方法

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です