冷却期間は意味がない!?遠距離恋愛で復縁するための4つのコツ

遠距離恋愛で復縁するためのコツって・・・

復縁は容易にできるものではありませんが、遠距離恋愛に至ってはさらに復縁が困難になってきます。
でも諦めないでください!遠距離恋愛での復縁を成就させるためのちょっとしたコツが存在するのです。

遠距離恋愛での別れから復縁するコツ

1.冷却期間は意味がない!

復縁をするには1ヶ月程度の冷却期間を置くことが良いと言われています。
それは、恋愛感情を見せずに自然に会えたり連絡し合える関係を築くためです。
相手に嫌な感情を持たせずに会う口実やチャンスを作るための冷却期間ですが、そもそも会えるチャンスがほぼない遠距離恋愛にはあまり効果がないのです。
ましてやばったりと連絡を断ってしまうことで、相手と音信不通になってしまう危険性の方が高いでしょう。
しかし、険悪な別れ方をしたのなら話は別です。
しっかりと冷却期間をおきましょう。

2.薄い繋がりを維持する

遠距離の相手との復縁で連絡が途絶えてしまうのは非常に危険です。
それは相手とコンタクトをとる手段がなくなってしまうためです。
理想的なのは友達のように定期的に連絡を取り合う間柄を維持することです。
いわば腐れ縁のような関係を築くと良いでしょう。
遠距離では冷却期間を置くのではなく、フランクに連絡し合える仲を維持できるかどうかが、復縁のポイントとなってくるのです。

3.共通の趣味を見つける

共通の趣味を持っていると遠距離での復縁にとても有利になるでしょう。
共通の趣味を通して連絡もしやすいですし、何よりも会う口実を見つけやすいのがポイントです。
カメラやバイクなどが趣味であるならば、「いい場所がある」と遠距離の相手でも誘いやすいですよね。
また、地方のイベントなどを利用するのもありでしょう。
まずは会える口実探しをしてみましょう。

4.SNSを最大限に利用する

facebookやLINE、TwitterなどのSNSを相手が利用しているのならばこれを利用しなければもったいないでしょう。
SNSを使うメリットは大きく3つあります。
まずは気軽さ。簡単にメッセージを交換したり、記事を共有できるので相手に警戒心を与えません。
次に近況の把握。相手が今どのような生活をしているのかSNSを利用すれば情報が手に入りやすいですよね。
そして、最後は会う口実作りです。
こちらは少し裏ワザ的利用方法です。
相手の住んでいる近くまで遊びに行って敢えて会わずに帰り、それをSNSに投稿するのです。
この投稿を見た相手が「言ってくれれば良かったのに」と言えばこちらのものです。
これを口実に「じゃあまた行く機会があるからその時会おうね」と約束を取り付けてしまいましょう。


いかがでしたでしょうか?

遠距離では連絡の維持と会える口実作りが鍵になってきます。
利用できるものは賢く利用して、復縁に向けて動き出していきましょう。

どうしても叶えたい復縁がある方はコチラ

こちらもオススメ

どうしても別れさせたいカップルがいる方はコチラ

劇的に恋愛運をアップさせたい方はコチラ

この復縁は叶いそう?1分でわかる確率診断はコチラ

【ゲッターズ飯田】運の鍛え方を教えます

【復縁マニュアル】7つのステップでもう一度好きにさせる方法

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です