好きな人へのラインで脈ありを伝えるための4つの方法

好きな人へのラインで脈ありを伝えるには、どんな方法があるの?

好きな人へのラインで脈ありを伝えるための4つの方法

好きな人へのラインで脈ありをうまく伝えることが出来れば、復縁出来る可能性が高くなるでしょう。ではどのような方法でラインを活用すれば良いのでしょうか。その活用方法についてお伝えしていきますので、参考にしてみてくださいね。

長文を続けて送らない

ラインのメッセージを送る時には、自分の気持ちを込めたいために、つい長文になってしまう場合もあるでしょう。でも読む側としては連続で長文のメッセージを送られると疲れてしまうのです。

そしてどれが本当に言いたいことなのかが、相手に伝わらない場合も。そのため、長文を連続して送らずに、どうしても伝えたいことだけを長文にするようにしてみましょう。それにより、相手に思いが伝わる可能性はとても高いのです。

時間に対して配慮する

相手がリラックスしている時間帯に送ることがベストです。早朝や深夜は避けて相手が穏やかな気持ちでいられる時間に、ラインを送るようにしましょう。最初に相手が今どういう状況なのかを聞いてみることが必要です。

メッセージだからといって、好きな時に送って良いわけではなく、相手が都合が良い時間帯に送る配慮を見せれば、それが自然に脈ありサインにつながるのです。相手にとってリラックスできる時間帯であれば、返信が早いことも多いですから、今ならちょうど良いと分かりやすいのではないでしょうか。

好きな人へのラインで脈ありを伝えるための4つの方法

思い出について書いてみる

二人しか知らないような思い出について、ラインで書いてみるのも良いでしょう。懐かしいなぁと相手が思ってくれるはずです。そして「楽しかったね」と書いた後に「もう二人で行くことは無いのかなぁ」というような意味深な書き方をすれば、相手はドキッとするでしょう。

もしかして復縁をしたいと思っているのかな…と気が付く場合もあるのです。気が付くか気が付かないかのような雰囲気で、ラインを送ってみるのも一つのテクニックでしょう。

応援や励ましの言葉を入れる

どんな時でも味方でいるからというような、応援や励ましの内容をラインで書くのも効果的です。仕事をしていて孤独な気持ちを感じている場合もあるでしょう。そういう時に、励ましのメッセージをもらうと、感動をする男性もいるのです。

元彼に対して「この女性にそばにいてほしい」と思わせるためには、見守っているという言葉をラインに書いてみると良いですね。


好きな人にラインする時に脈ありを表現しすぎると、相手が引いてしまう場合もあるでしょう。でもさりげなく伝わるような脈ありなら男性としては、嬉しい気持ちになることも。復縁がしたいと思うのなら、出来るだけ脈ありのサインを込めたようなラインを送るようにしてみましょう。

いきなり復縁について書くのではなくて、前置きのようにして色々と伝えてみるのも良いですね。

どうしても叶えたい復縁がある方はコチラ

こちらもオススメ

どうしても別れさせたいカップルがいる方はコチラ

劇的に恋愛運をアップさせたい方はコチラ

この復縁は叶いそう?1分でわかる確率診断はコチラ

【ゲッターズ飯田】運の鍛え方を教えます

【復縁マニュアル】7つのステップでもう一度好きにさせる方法

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です