1分でわかる!復縁したいあなたのための4つの基本メールテクニック

復縁したいけど、どうメールすれば・・・

復縁したい時、まずは冷却期間をおきます。
その後に連絡をするのですが、電話よりもメールがおすすめです。
それでは、冷却期間明けにまずはどのようなメールを送ればよいのでしょうか。
オススメのきっかけメールをご紹介します。

復縁したい人の基本メールテクニック

1.感謝と謝罪メール

こちらは一番スタンダードなきっかけメールです。
復縁をしたければ、まず相手に自分の至らなさや傷つけてしまったことなどを謝罪する必要があります。
素直に相手に対して謝罪し、自分を愛してくれていたことに対する感謝の気持ちを伝えましょう。
しかし、あまり重すぎる内容にしてしまってはいけません。
相手の心に負担を与えない程度の内容に留めて置きましょう。
また、この時にやり直したいという気持ちを匂わしてはいけません。
復縁したい気持ちに気付くと相手は逃げてしまう可能性があるからです。

2.お誕生日メール

復縁したい相手の誕生日が近づいているのならきっかけ作りに利用しちゃいましょう。
お誕生日メールは恋人同士だけではなく、誕生日を知っている知人であれば気軽に送れる内容ですよね。
まずは第一コンタクトとしてお誕生日メールを送ってみると良いでしょう。
この時、あなたの未練などを伝えないようにしましょう。
あくまでも気軽さが大切です。また、1日遅れで送るとさらに良いでしょう。
誕生日当日だとたくさんのメールの中に埋もれてしまう可能性があります。
1日遅れで送ることで印象付ける事ができるでしょう。

3.心配させるメール

復縁したい元恋人が正義感や責任感が強かったり頼りがいのある人であれば、相手を心配させるようなメールもきかっけメールとしてはよいでしょう。
例えば、「誰かに最近後を付けられていて怖くてどうしたらいいのか分からない」「他に相談できるのがあなたしかいなかったから・・・突然ごめんね」などあくまでも自然に相手が心配して返信してくれるような内容を送るのもありかもしれませんよ。

4.共通の知人について質問するメール

相手と共通の知人や友人がいるのなら、復縁メールのきっかけ作りに使ってみるのもよいでしょう。
「○○さんに連絡したいんだけど、アドレスが消えちゃって分からないから教えて欲しい」などの内容で送ると良いでしょう。
共通の知人の事ですから、相手もそれほど警戒心を抱きませんし、何より目的がはっきりした内容なので返信しやすいでしょう。


いかがでしたでしょうか?

復縁のきっかけメールで大切なのは、相手に警戒心を抱かせずにいかに復縁したいことを匂わせないで自然に連絡できるかです。
自分の身辺に何か話のネタが転がっていないか考えてみましょう。

どうしても叶えたい復縁がある方はコチラ

こちらもオススメ

どうしても別れさせたいカップルがいる方はコチラ

劇的に恋愛運をアップさせたい方はコチラ

この復縁は叶いそう?1分でわかる確率診断はコチラ

【ゲッターズ飯田】運の鍛え方を教えます

【復縁マニュアル】7つのステップでもう一度好きにさせる方法

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です