自分から振った元恋人と復縁するために知っておくべきの5つの心理

自分から振ったけど復縁したい・・・

復縁をするにはまず相手の立場に立って考えなければなりません。
それには相手の心理を知る事が必要になってきます。
自分から振ってしまった場合、振られてしまった側の相手はどのような心理状態なのでしょうか。

自分から振ったけど復縁したい

1.裏切られたという気持ち

恋愛の別れにおいて100%相手が悪いと言うことはほとんどありません。
お互いに何かしらの問題があって別れに繋がる事が多いのです。
ですが、振られた側からしてみれば、自分に100%非がある状況でない限り、「裏切られた」という気持ちでいっぱいになっています。
「私は信じていたのに」「2人で努力していこうとしていたのに」「ずっと一緒だと言っていたのに」と振った恋人に対して不信感でいっぱいになるのです。

2.自分が傷ついている事を知ってほしい

振った側から復縁を持ち出した時、振られた側は「自分が傷ついている」事実を理解して欲しいと思っています。
自分から振るよりも振られてしまう方が何倍もショックですし、傷も大きいですよね。
「あなたは私の事をこんなにも傷つけたんだよ」と相手に分かって欲しいのです。
責めたい気持ちもありますし、何よりももう二度と傷つけて欲しくないと思っているのです。

3.振られた側にもプライドがある

「相手にはまだ未練が残っているはず。」「相手はまだ自分の事が好きだろう」と甘い考えを持っていませんか?
振った側は自分から振ったが故にすぐに復縁できると考えてしまう傾向があります。
その考え自体が相手のプライドを傷つけているのです。
振られたというだけでもプライドが傷つくのに、さらにすぐ復縁を持ちだされると「自分の事を甘く見ている」と感じてしまうのです。

4.また振られるんじゃないかという不安

一度振られたという事実がある限り、また同じような状況になったら振られるんじゃないかという不安が頭をよぎってしまい、容易に復縁を受け入れる事が出来なくなってしまうのです。
相手にはあなたに振られたという一種のトラウマがあるのです。

5.やっと辛い失恋を乗り越えたのに今更・・・

あなたに振られて辛い失恋を乗り越えてやっと立ち直った頃に復縁を持ち出されてしまうと相手は「今更・・・」という気持ちになってしまいます。
振った側から復縁したい場合はあまり冷却期間を置き過ぎると却って復縁が難しくなってしまうのです。
復縁したければ、相手が失恋を乗り越えてしまう前に動き出さなければならないのです。


いかがでしたでしょうか?

振られた側には振られた側特有の心理状況が働いているのです。
この心理を理解しなければ振った側からの復縁は無理でしょう。
相手を傷つけてしまった事を真摯に受け止めて復縁へ行動していきましょう。

どうしても叶えたい復縁がある方はコチラ

こちらもオススメ

どうしても別れさせたいカップルがいる方はコチラ

劇的に恋愛運をアップさせたい方はコチラ

この復縁は叶いそう?1分でわかる確率診断はコチラ

【ゲッターズ飯田】運の鍛え方を教えます

【復縁マニュアル】7つのステップでもう一度好きにさせる方法

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です