別れた後のメールで書くのなら最初はこの文章がお勧め!

別れた後のメールでの最初の一文はとても重要です

別れた後のメールで書くのなら最初はこの文章がお勧め!

別れた後のメールを書くのなら、まずはどのような文章を書くかを考えることが大切です。その上で自分の伝えたいことを書くようにしたいですね。別れた後のメールで最初に書くと良い内容はどのようなものでしょうか。お伝えしていきますので、参考にしてみてくださいね。

相手を思いやる言葉

例えば相手が仕事が普段から忙しい人なら「お久しぶりです。変わらず忙しくしていますか?無理していませんか?」というような、相手を思いやるような内容を書くと良いですね。
普段から仕事で疲れているような時に、こういう内容のメールを読むと癒される人は多いでしょう。相手が風邪をひきやすいのなら「寒い日が続きますね。風邪などひいていませんか?」というように、相手のことを思いやる内容を書いてみるようにしましょう。
付き合っていたからこそ分かる内容があるはずです。その内容を思いやりを込めて伝えてみると良いですね。

淋しかったという気持ち

相手に対して伝えたいのは、会えない間にとても淋しかったということではないでしょうか。会えない間に楽しく過ごしていたというような内容を書くと、相手のことを大切に思っていないように思われてしまいます。
そうならないように、会えない間にとても淋しかったというようなことを書くようにしましょう。これは男性から女性でも良いですし、女性から男性に対しても使える言葉なのです。淋しかった=あなたがいなくてはダメというようにも取れるでしょう。そう思わせるためには、こういう言葉を使うようにしてみると良いですね。

好きという気持ちを入れてみる

相手のことをまだ好きという気持ちを、さりげなく入れてみるのも一つの方法です。あまりはっきりとは書かずに、なんとなく伝わるような内容が良いでしょう。例えば「あなたのことをよく思い出していました」とか「あなたと一緒に○○に行ったね。懐かしいです」というようにして、少し脈ありのような内容を書いてみましょう。
それにより、「もしかして…」と相手が思ってくれることが多いでしょう。



別れた後のメールの最初の言葉はとても重要ですから、かなり慎重になりたいですね。最初の一文だけで印象がかなり変わってきます。良い印象を相手に与えるためには、それなりに工夫をすることが必要です。
気持ちを押し付けることはせずに、相手をリラックスさせられるような文面が理想的ですね。

どうしても叶えたい復縁がある方はコチラ

こちらもオススメ

どうしても別れさせたいカップルがいる方はコチラ

劇的に恋愛運をアップさせたい方はコチラ

この復縁は叶いそう?1分でわかる確率診断はコチラ

【ゲッターズ飯田】運の鍛え方を教えます

【復縁マニュアル】7つのステップでもう一度好きにさせる方法

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です