復縁までの期間で成功率が変わる?4つのケースから冷却期間を考える

復縁までの期間ってどのくらい・・・?

冷却期間は復縁において非常に重要な役割を持っています。
冷却期間のとり方次第で復縁の成功率も変わってくるのです。
しかし一言に冷却期間と言っても、実は別れ方によってベストな期間が異なってくるのです。

復縁までの期間を4つのケースで考える

1.喧嘩別れした場合

喧嘩が大きくなってしまい衝動的に別れてしまったケースがこちらです。
このような突発的な喧嘩別れの場合、冷却期間は置かない方がよいでしょう。
お互いにもともと別れる意思がなく売り言葉に買い言葉で別れてしまったのですから、復縁をしたければどれだけ早い内に自分の非を認めて素直に謝れるかが重要なのです。
しかし、男性側がその喧嘩で激怒してしまった場合は男性の怒りが収まるまで1から2週間待ってみるのが良いでしょう。
それ以外は基本的に冷却期間を置かずに謝罪することを優先しましょう。

2.自分から振ってしまった場合

自分から振ってしまったケースの時も冷却期間を置き過ぎるとかえって復縁の確率が下がってしまう可能性が高いでしょう。
理想的な冷却期間の目安は2週間から1ヶ月以内です。自分から振った場合、すぐに行動すると相手はあなたのその一貫性のない振る舞いに不信感を持ってしまいます。
かといって1ヶ月以上期間をおいてしまうと振られた側は失恋から立ち直ってあなたへの未練がなくなってしまう可能性があるのです。
相手に未練が残っている内に何かしらの行動を取る事がこのケースの場合重要となってきます。

3.自分が振られた場合

恋人に振られたケースでは、しっかりと冷却期間を置きましょう。
このケースが最も冷却期間の置き方が重要となってくるケースと言っても過言ではありません。
振られてしまった場合の冷却期間の理想は1ヶ月03ヶ月です。
振られたという事は相手の中にあなたのマイナスイメージがあったり別れの理由がはっきりあるためです。
復縁をするためには、そのマイナスポイントや別れの原因を解消する必要があります。
また、あなたに対する負の感情を相手の中から消す事も大切です。
自分の悪い面を改善したり、相手の中にある負の感情を消すために必要なのが1ヶ月なのです。
3ヶ月以上経過してしまうと相手に新しい恋人が出来てしまう可能性が高くなるので、冷却期間は1ヶ月から3ヶ月を目安にしましょう。

4.相手に新しい恋人がいる場合

相手にすでに他の気になる異性や新しい恋人がいる場合は長期戦を覚悟しましょう。
冷却期間は1ヶ月から3ヶ月、復縁までにかかる期間は3ヶ月から1年以上を目安に考えるとよいでしょう。
場合によっては数年かかる時もあります。まずは自分自身がこれだけの長期戦に耐えることができるかどうかしっかり考えてから行動しましょう。
相手の中にある自分に対する負のイメージを払拭し、相手の相談相手や良き知人としてのポジションを確立できるかが鍵となってきます。


いかがでしたでしょうか?

冷却期間の置き方次第で復縁までにかかる期間が変わってきたり、復縁の可能性が難しくなったりしてしまいます。
今回お伝えしたのはあくまでも目安ですが、元恋人の個性や性格を考慮して期間の置き方を考えてみましょう。

どうしても叶えたい復縁がある方はコチラ

こちらもオススメ

どうしても別れさせたいカップルがいる方はコチラ

劇的に恋愛運をアップさせたい方はコチラ

この復縁は叶いそう?1分でわかる確率診断はコチラ

【ゲッターズ飯田】運の鍛え方を教えます

【復縁マニュアル】7つのステップでもう一度好きにさせる方法

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です