焦らずに気持ちを伝えよう!お勧めしたい復縁メールの書き方

復縁メールの書き方でお勧めしたいものについて

焦らずに気持ちを伝えよう!お勧めしたい復縁メールの書き方

復縁メールの書き方で悩む人は多いのではないでしょうか。そのメールの内容により、復縁が成功するのかが決まることもあるのです。そう思うと、どういう内容にすれば良いのか悩みすぎて、結果としてメールが書けなくなることもあるでしょう。今回は復縁メールの書き方について、お伝えしていきますので、参考にしてみてください。

丁寧な挨拶文から始める

復縁メールはどうしてもいきなり送ることになります。そのため、出来れば丁寧な挨拶文からメールをスタートさせるようにしたいですね。いきなり「元気?」というようにメールをされても、相手が戸惑ってしまう場合もあるでしょう。
「こんにちは久しぶり。お元気ですか?」というように丁寧な文章から書き始めると、相手も安心して読むことが出来ます。

復縁についてすぐには触れない

復縁についてすぐに書きたい気持ちはあるかもしれません。でもただでさえ相手が構えているようなことがありますから、それをほぐすことが必要なのです。そのためには復縁についてはすぐに書かないようにしましょう。
少し他の話題を出しながら、段々と核心に触れていくようなメールの書き方が望ましいでしょう。明るすぎず暗すぎないような内容にするため、書く時には色々と考えることになるでしょう。
でも相手に伝えたいことを素直に書くようにすれば、思いは伝わりやすいでしょう。

長文メールは避ける

復縁メールの書き方としては、あまり長文にはしないことが大切です。もう別れた相手からのメールということで、精神的に負担をかけることになるうえに、長文ということになると、余計に疲れてしまいます。
相手を疲れさせないためにも、メールは大体5行くらいにしておくと良いでしょう。長いかもしれないと思ったら、送る前に少し内容を削って修正をするようにしたいですね。



復縁メールの書き方について、これが絶対に正しい!というものは無いのです。でも相手と復縁したいという強い思いがあるのなら、メールを活用するのも一つの方法でしょう。復縁したい気持ちだけでも伝えることが出来れば、それで十分です。

早く返事が欲しいからといって返事を焦らせるようなことなく、じっくりと待つことが必要です。気持ちに余裕を持って、何度かメールでのやりとりをしているうちに、心の距離が段々と近くなってくるのではないでしょうか。

どうしても叶えたい復縁がある方はコチラ

こちらもオススメ

どうしても別れさせたいカップルがいる方はコチラ

劇的に恋愛運をアップさせたい方はコチラ

この復縁は叶いそう?1分でわかる確率診断はコチラ

【ゲッターズ飯田】運の鍛え方を教えます

【復縁マニュアル】7つのステップでもう一度好きにさせる方法

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です