恋人を振ったのに復縁したいと思う5つの心理

振った側が今さら復縁なんて・・・

別れたけど相手の事が忘れられず、できれば復縁したいと願う事もあります。
それは振られた側だけでなく振った側も同様のようです。
それでは振った側が復縁したいと思うのはどのような心理が働いているのでしょうか。

振った側が復縁したい心理

1.比較して初めて相手の良さに気付いた

他の気になる異性が出来て相手を振ったり、別れた後で新しい彼女が出来た時にそれまでは気付かなかった元恋人の良さがわかる時もあります。
誰かと誰かを比較するということは当人達にとっては非常に失礼な事ですが、当たり前だと思っていたことも比較することでその人の長所だったと気付くことが出来るのです。

2.相手の献身さや想いを痛感した

恋人が自分の事を好きでいてくれる事を当然だと思っていませんか?
付き合いが進んでいくと甘えや慣れが出てきます。
これは厄介なもので、甘えや慣れは自分の目にフィルターやブラインドをかけてしまうのです。
相手がどんなに尽くしてくれて自分を想ってくれていてもなかなかその尊さに気付けないのです。
別れて初めてこんなにも自分を想ってくれていたんだと後悔してしまうのです。

3.居心地が良い

付き合いが長くなると相手に対するドキドキ感はどうしても薄らいでしまいます。
相手の存在に飽きてくることもあるでしょう。
しかし、トキメキやドキドキ感はなくてもそこにはしっかりとした愛が育って安らぎや安心感をもたらしていたのかもしれません。
恋が愛に変わった事を気付けずにトキメキを求めて別れてしまうと後々にやっぱり復縁したいと後悔してしまうのです。

4.離れたことで自分の気持ちに気付いた

付き合っていく中では喧嘩やすれ違いなど様々な試練を経験します。
その中で本当に相手の事が好きなのか自分の気持ちを見失う時もあるでしょう。
自分の気持ちが分からずに別れを告げたけれど、離れてみて初めて自分の中で相手の存在がいかに大きいものだったか気付かされるのですね。

5.自分を気遣ってくれる相手に心を打たれた

振った自分の事を別れてもなお優しく気遣ってくれる相手の存在はとても有り難いですよね。
自分勝手な行動を責める事もなくピンチの時には手を差し伸べてくれるそんな愛の大きさに心を打たれる時があるようです。
見返りを求めない愛は無敵なんですね。


いかがでしたでしょうか?

自分から振ったのに復縁したいなんて虫がよすぎると思ってしまいますが、灯台下暗し!
距離が近ければ近いほど分からなくなる事もあるのです。
真実の愛に気付いたのなら意地を張り合わずに素直に行動していきたいですね。

どうしても叶えたい復縁がある方はコチラ

こちらもオススメ

どうしても別れさせたいカップルがいる方はコチラ

劇的に恋愛運をアップさせたい方はコチラ

この復縁は叶いそう?1分でわかる確率診断はコチラ

【ゲッターズ飯田】運の鍛え方を教えます

【復縁マニュアル】7つのステップでもう一度好きにさせる方法

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です