別れは人を成長させる?恋人と別れてから気づく5つの事

恋人と別れてから気づく事ってありますよね・・・

恋は盲目とよく言われますが、恋人と別れてはじめて気づく事ってたくさんあると思います。
今回は恋人と別れて気づく事のあるあるをまとめてみました。

恋人と別れてから気づく事

1.友人や家族の大切さ

恋人と付き合っている時はどうしても友達付き合いが疎かになりがちですし、友人や家族からの苦言やアドバイスなども鬱陶しく感じてしまう時もあると思います。
しかし、いざ恋人と別れてみるとそれらのアドバイスや苦言が正しかった事が分かりますよね。
また、どんなに酷い態度をとっていても友人や家族は失恋した自分の事を受け入れて慰め、励ましてくれます。
失恋して初めて知る友人や家族の愛の大きさに涙した人も多いのではないでしょうか。

2.周りが見えていなかった

好きという感情が高まると人は一般常識などお構いなしに突っ走ってしまう事があります。
これは大なり小なり誰しも経験したことがあるのではないでしょうか。
別れてから当時の自分を思い返すと「どうしてあんな事したんだろう」と反省したり一人で恥ずかしくて赤面したりしてしまいますよね。

3.恋人という存在への執着心

あんなに大好きだったのに、いざ別れて見ると意外とどうってことない。
むしろ別れてすっきりしたという経験がある方も少なくないでしょう。
これは恋人自体を好きだったのではなく、恋人がいる自分自身の立場やステータスへの執着心なのです。

4.恋が愛に変わっていた

恋愛にドキドキ感やときめき、刺激を求める方も少なくないでしょう。
恋人と一緒にいてもドキドキしなくなったから他に刺激が欲しくて別れてしまったという話もよく耳にします。
しかし、恋人と別れて初めてその存在の大切さに気づく事があるのです。
付き合い当初のドキドキとした恋心がなくなってもしっかりとした深い愛情が芽生えていたことに別れを通して皮肉にも気づいてしまうのです。

5.自分の身勝手さ

付き合っている時は、「どうして私の気持ちに応えてくれないの」「俺の事が好きならこのくらい出来るだろう」と相手の気持ちを確認したいがために自分のワガママを押し付けたり、自己中心的な言動をしてしまいますよね。
好きだからこそ恋人に甘えたり、不安になって自分の気持ちを押し付けたりと周りだけではなく、自分自身をも見失ってしまいます。
別れて初めて自分の身勝手さを冷静に見つめ直す事ができるのです。


いかがでしたでしょうか?

恋人と付き合っている時はいくら自分で冷静だと思っていても傍から見ればそうでない時もあります。
このように別れることで気づく事があるからこそ人は別れを乗り越えて成長していけるのですね。

どうしても叶えたい復縁がある方はコチラ

こちらもオススメ

どうしても別れさせたいカップルがいる方はコチラ

劇的に恋愛運をアップさせたい方はコチラ

この復縁は叶いそう?1分でわかる確率診断はコチラ

【ゲッターズ飯田】運の鍛え方を教えます

【復縁マニュアル】7つのステップでもう一度好きにさせる方法

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です