【体験談】自分の他好きによって別れた元カレと復縁した女性の体験談

自分の他好きによって別れた元カレと復縁

にゃんこさん 30代 女性

6年付き合った彼と結婚話が出て新居の事や挙式の事など、色々な物事が進んでいくなか、私は他に好きな人ができてしまいました。

それでも長年付き合った彼に特別不満があるとかではなく、マリッジブルーのようなものだと自分に言い聞かせ、新たに好きになってしまった彼への想いは自分の胸に秘めていたのです。

新たに好きになった彼は職場の同僚で年齢は私より2つ上。
長年付き合っている彼は同級生で、同僚の彼といる時は楽しいというより安心感に包まれていました。

新居も決まり、入籍に向けて独身でいられるのもあと少しだと思っていたある日、同僚の彼も含めた飲み会に出席する事になりました。

同僚の彼とはこれまでにも数回お酒の席で一緒になったことはありましたが、あまりじっくりと話す機会はありませんでした。

しかし、この日は偶然にも隣の席になりたくさん話をする事ができたのです。

話しているうちに食事の好みや趣味などの話で盛り上がり、その飲み会の後に2人で飲みに行ったのです。

まさかでした。
同僚の彼から「実は好きだった」と打ち明けられたのです。

彼は私に彼氏がいる事を知っていたので遠慮していたようです。

お酒の力もありいい雰囲気になったのですが、正直に結婚の話が出ていて新居も決まったと実情を話ました。

彼は驚いていましたが「俺は付き合ってほしいと思っているから」と、それ以上は何も言わなかったのです。

それからは同僚の彼とメールをしたり食事に行ったりしている内に、やはり自分の気持ちも抑える事ができなくなり告白してしまいました。

同僚の彼は待っていると言ってくれ、彼氏との婚約解消を待つ覚悟があるようでした。

長年付き合った彼に入居する前に伝えなければと、意を決して正直に好きな人ができたと話をしたところ、彼は私の態度に何となく嫌な予感を抱いていたようで「婚約は解消しよう」と切り出しました。

賃貸で借りた新居はキャンセルすると、その場で不動産屋に電話を入れキャンセルしたのです。

彼はそれ以上は何も言わず席を立ちました。

何とも後味が悪く、責められるわけでもなく引き止められるわけでもなく、あっさりとした態度に自分勝手ですが、これまでの6年間はなんだったんだろうと虚しくなってしまいました。

しかし、最終的にそれが私の本心だったのです。

同僚の彼の事が本当に好きだったのなら、こんなにも簡単に婚約解消ができたら、すぐに現状を話して付き合ったと思います。

だけど、そんな気にはなれず同僚の彼とはそれから2人で会う事を意識的にしないようにしていました。

そんな煮え切らない態度の私に同僚の彼は嫌気がさしたのか、個人的に誘ってこなくなりました。

婚約解消から1年が過ぎた頃、元彼とバッタリ会ったのです。
元彼は少しも変わらない笑顔で私に喋りかけてきてくれました。

そして、後日2人で食事に行ったのですが、あれから後悔したと正直な気持ちを話したところ、元彼は「絶対に結婚相手はお前だと思っていたし、今日会って今もそうだと実感した」と言ってくれました。

そして、1年前に渡そうとしてくれていた婚約指輪をその日に渡されました。

こんな自分勝手な私を許してくれて、しかも私との将来を願ってくれていた彼の愛情の深さに涙が止まりませんでした。

そんな彼と、いま夫婦でいられることが、とても幸せです。

どうしても叶えたい復縁がある方はコチラ

こちらもオススメ

どうしても別れさせたいカップルがいる方はコチラ

劇的に恋愛運をアップさせたい方はコチラ

この復縁は叶いそう?1分でわかる確率診断はコチラ

【ゲッターズ飯田】運の鍛え方を教えます

【復縁マニュアル】7つのステップでもう一度好きにさせる方法

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です