タイムリミットは半年間??別居から復縁するための3つの法則とは?

なんとしても別居状態から復縁を果たしたい・・・

ワイドショーなどでも報道される夫婦の別居問題ですが、残念ながら離婚に至るケースがほとんどのようです。
今回は、別居から復縁の確率をアップするための3つの法則についてお伝えします。

別居から復縁する3つの法則

1.別居後の連絡は多くても週に1回まで

別居後、相手のことが気になって、つい連絡をしたくなる気持ちはわかります。
しかし、相手の警戒心が強い時に必要以上に何度も連絡をするのは、逆効果です。
特に別居直後は、相手の警戒心が最も強い時期です。
そんなタイミングで連絡を送り続けても、相手の感情を逆なでし、どうやってあなたとの関係を終わらせようかという気持ちを増幅させるだけです。
少なくとも別居から一週間はそっとしておきましょう。
一週間ほど様子を見て、相手から連絡がないようであれば、週に一回程度のペースで連絡を取ることをオススメします。
ただし、相手の反応が悪いようなら、数週間くらい連絡を控えるという我慢も必要です。

2.相手の不満や要求を引き出す

別居後に特にやってはいけないのが自分の気持ちを相手に押し付ける行為です。
別れたくない。という気持ちを伝えることは、別居中の相手にとっては、ストレスでしかありません。
そんなことは百も承知で別居という選択をしたのですから、自分の気持ちを主張するようなアプローチは絶対に避けましょう。
当然、別居を選択したということですから、何かしら相手には不満があるはずです。
その不満を相手から引き出すことが第1目標です。
もし、相手の不満を引き出すことができなければ、どれだけ時間をかけようと2人の関係は修復不可能でしょう。
まずは、自分ではなく相手の要求を知ることに徹しましょう。

3.タイムリミットは半年

焦らせるわけではないのですが、復縁にはタイムリミットがあります。
別居状態であれば、タイムリミットは半年が限度でしょう。
半年を過ぎてしまうと、復縁の成功率はほぼゼロになると言っても過言ではありません。
どんなに長くても1年で復縁が叶わなかった場合は、見切りをつけるべきです。
3ヶ月かけて相手の警戒心や誤解を解き、普通に会話できる関係まで修復する。
5ヶ月までに日常会話レベルのメールのやり取りができるようになる。
半年までに、相手からヨリを戻したいという空気感を出させるくらいの距離感に持っていく。


いかがでしたでしょうか?

別居状態は、世間体も悪く、つい焦ってアクションをお越してしまいがちです。
しかしながら、別居状態は、思っているよりも深刻な状態であるということを認識しなければいけません。
最初のアクションを間違えてしまうと、どんどん深みにはまってしまい、復縁どころではなくなってしまうでしょう。
今回の記事を参考に焦らずじっくり問題解決に取り組んでみてください。

どうしても叶えたい復縁がある方はコチラ

こちらもオススメ

どうしても別れさせたいカップルがいる方はコチラ

劇的に恋愛運をアップさせたい方はコチラ

この復縁は叶いそう?1分でわかる確率診断はコチラ

【ゲッターズ飯田】運の鍛え方を教えます

【復縁マニュアル】7つのステップでもう一度好きにさせる方法

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です